FANDOM


Non kirby この記事は星のカービィシリーズに関連しない事も含まれる事柄についての記事ですが、カービィWikiではカービィ関連についてしか記述していません。また、編集の際はカービィに関連しない方面へ内容を発展させないようにしてください。

Wii(ウィー)は、任天堂が開発・発売した据え置き型ゲーム機。日本での発売は2006年12月2日で、発売当時のメーカー希望小売価格は20,000円。

カービィが出演するゲーム 編集

毛糸のカービィ (2010年10月14日発売)
7年ぶりとなる据え置き型ゲーム機での作品。コピー能力がない代わりに、メタモル能力という能力を使うアクションゲーム。
星のカービィ Wii (2011年10月27日発売)
当初はゲームキューブ用ソフト[1]として開発されていたアクションゲーム。
星のカービィ 20周年スペシャルコレクション (2012年7月19日発売)
6つの過去作品がプレイできたり、発売日までの星のカービィのゲーム漫画アニメの歴史を閲覧できたり、Wiiのゲームモードの一つを新たに作りなおしたもっとチャレンジステージで遊べるゲーム。
大乱闘スマッシュブラザーズX (2008年1月31日発売)
スマブラシリーズの第3作。これまでの作品とは違い、ニンテンドウのキャラクター以外も参戦している対戦アクションゲーム。カービィデデデメタナイトをプレイヤーキャラクターとして使用できる。またステージには「戦艦ハルバード」、旧ステージとして「グリーングリーンズ」がある。戦艦ハルバードは「亜空の使者」にも登場する。

Wiiで利用可能なカービィ関連のサービス 編集

バーチャルコンソール
いくつかの星のカービィシリーズのゲームがバーチャルコンソールで配信されている。詳細については当該項目を参照。

過去のサービス 編集

Wiiの間「福袋の間」
2010年1月1日 - 5日までの間、Wiiの間から抽選で当たる福袋の応募をすることができた。福袋の種類はいろいろあったが、そのうちに「星のカービィ」の福袋があった。
Wiiの間「シアターの間」・「ホームシアター[2]
アニメ本編が有料でレンタル配信されていた。各話100Wiiポイントで配信され、購入から7日間視聴が可能だった。サービス開始後しばらくの間、第1話・第2話のみ無料でレンタルされていたが、その後有料となった。Wiiの間自体のサービスの終了に伴い終了した。
Wiiの間の番組「アニメ特別編」
「Wiiの間テレビ」の番組の一つとして、「星のカービィ〜特別編〜 倒せ!!甲殻魔獣エビゾウ」が無料で視聴可能だった。
Wiiの間「カービィの間」
Kirby no Ma Opening

カービィの間のオープニング画面

星のカービィを中心とした動画配信サービスやプレゼントのキャンペーンなどの企画を行っていた、星のカービィ専門の間。Wiiの間の終了と同時にサービスを終了した。

脚注 編集

  1. ^ 星のカービィ GCの記事も参照。
  2. ^ 2011年11月1日に改称。

関連記事 編集

外部リンク 編集

Sleep この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください! 画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki