Fandom

カービィWiki

真 格闘王への道

3,042このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
Cut.png ネタバレ注意: 以降の記述でゲーム・アニメなどに関する核心部分などの、ネタバレ要素が記述されている可能性がありますので注意してください。(読み飛ばす
真 格闘王への道
サブゲーム・ゲームモード
読み: しん かくとうおうへのみち
英名: The True Arena
初登場: 星のカービィ ウルトラスーパーデラックス
ラスボス: マルク ソウル(USDX)
マホロア ソウル(Wii)
セクトニア ソウル(TDX)
プレイ人数: 1 - 2人(USDX)
1 - 4人(Wii)
1人(TDX)
分類: メインゲーム

真 格闘王への道(しん かくとうおう - みち)または真・格闘王への道は、『星のカービィ ウルトラスーパーデラックス』(以下基本的に「USDX」と記す)で初登場したゲームモード。『星のカービィ Wii』(以下基本的に「Wii」と記す)、『星のカービィ トリプルデラックス』(以下「TDX」)でも、各作品の最後のモードとして存在する。

概要 編集

格闘王への道#概要」も参照。

格闘王への道」の高難易度版で、強化された複数のボスと連続で戦うモード。難易度はゲーム中最高であり、高度なアクションテクニックが要求される。基本的に「格闘王への道」との相違点は以下の通り。

  • 回復用のトマトが少ない
  • 休憩所の2つあるコピーのもとのうち、片方が必ずスリープで、実質1つしかない。
  • 四天王(またはそれに相当するボス)からは登場順が固定で、休憩所のBGMや背景が変わる
  • 今までのモードには一切登場しなかった新規ボスが必ず1体新たに登場している

各ゲームで詳細な内容が異なるため、以下にゲームごとの概要を記す。

USDX版 編集

難易度は★★★★★★★であり、USDXのモードの中で最高の難易度を誇る。登場するボスは全部で計10体(厳密には13体[1])。10体の内、最初から数えて7体は「大王の逆襲」に登場したボスであり、「四天王」と呼ばれる4体は追加モードのラスボスである。当モードとサブゲームを除く、全てのモードをクリアすることで出現する。「格闘王への道」と同じくボス戦の合間に中間地点に行くことになる。

「格闘王への道」との相違点 編集

基本的なシステムは「格闘王への道」とほぼ同じであるが、以下の相違点がある。

  • 中間地点にある回復アイテムがマキシムトマト5個からトマト5個になっている。

登場ボス 編集

1 - 6体目 編集

以下のボスはランダムで出現する。

7 - 10体目 編集

以下の4体は四天王と呼ばれる。マルクソウルを除いた3体は、他にUSDXで追加された各モードのラスボスである。上記の6体を倒すと順番に出現する。ちなみに下画面では、彼らの名前は戦闘開始まで「???」と表示され、カービィと戦っているところを写した写真にも大きく「?」と表示される(ただし、ポーズ画面では戦闘開始前でも普通に名前が表示されている)。

  1. マスクド デデデ
  2. ワムバムジュエル
  3. ギャラクティックナイト
  4. マルクソウル - 専用のステージが用意される

コルクボード 編集

ほんとにほんとのさいしゅうけっせん
たちはだかるは 10 のつわもの
そしてラストは ごくあく、してんのう!
あらたなボスキャラ だいしゅうごう
これにかてれば しん・カービィマスター!

Wii版 編集

エクストラモードクリア後に出現する。全部で15戦。一度クリアすると、次からは1Pでもデデデ大王メタナイトワドルディを操作して遊ぶことができるようになる。「格闘王への道」と同じくエクストラ本編よりも体力が少なくなっているほか、一部のボスに対してスーパー能力で攻撃する場面はカットされている。

「格闘王への道」との相違点 編集

基本的なシステムは「格闘王への道」とほぼ同じであるが、以下の相違点がある。

  • 休憩所にあるマキシムトマトが5個から3個(うち1個はトマトボックス)になっている。
  • 中ボス軍団の最後の2体は2体同時に登場する。
  • 11戦目前以降から休憩所の扉がディメンションホールになる。ディメンションホールへはトマトボックスを持っていくことができない。

登場ボス 編集

1 - 10戦目 編集

登場順がランダムとなっている。

11 - 15戦目 編集

登場順は固定。ギャラクティックナイトはエクストラモード本編には出演しておらず、真 格闘王への道限定ボスとなっている。

  1. ローア EX&マホロア
  2. HR-D3 - メタルジェネラル EXからの連戦にならない
  3. ギャラクティックナイト - 専用のステージが用意される
  4. マホロア EX
  5. マホロア ソウル - マホロア EXからの連戦にならないほか、戦闘開始と同時にタイマーが隠れる

スペシャルページの説明文 編集

星のカービィwii
これぞほんとにほんとの
ちょう・さいしゅうけっせんっ!
ごくあくさいあくあくなきバトル
このたたかいにうちかてば・・・
しんのカービィマスターだ!

TDX版 編集

デデデでゴー!」と「格闘王への道」クリア後に出現する。全部で11戦(中ボス7体+ボス9体)。「デデデでゴー!」で登場した強化版のボスが主に登場する。格闘王への道と同様3戦、6戦、8戦、9戦目に1つ、10戦目に2つ、最終戦の前に3つの宝箱が配置され、中からキーホルダーを入手できる。

「格闘王への道」との相違点 編集

基本的なシステムは「格闘王への道」とほぼ同じであるが、以下の相違点がある。

  • 休憩所にあるマキシムトマトが5個から1個(アシストスター入り)になり、他は普通のトマトが4つ。普通のトマトになって復活する事は無い。
  • 8戦目前以降から休憩所の扉がワープホールになる。

登場ボス 編集

1 - 7戦目 編集

登場順がランダムとなっている。

8 - 11戦目 編集

以下の4体は四天王と呼ばれる。セクトニア ソウルは本編には出演しておらず、真 格闘王への道限定ボスとなっている。

  1. クィン・セクトニア DX
  2. ブラックデデデ - クィン・セクトニア DXからの連戦にならない
  3. ダークメタナイト リベンジ - ディメンションミラーに入る場面はカットされている
  4. セクトニア ソウル - 第2形態移行時にタイマーの表示が??:??.??になる

スペシャルページの説明文 編集

星のカービィ トリプルデラックス
デラックスなヤツらが せいぞろい!
ファイナルバトルの まくあけだ。
ごく悪 さい悪 あくなきバトル!
さいごに 待つのは してんのう…
めざすは真の カービィマスター!

ロボプラ版 編集

ロボボプラネット』版については「真 かちぬきボスバトル」を参照。

他言語での名称 編集

言語名前意味・由来
英語 The True Arena
ザ トルー アリーナ
True = 真の、Arena = 闘技場

脚注 編集

  1. ^ 中ボス4体 + ボス9体

関連記事 編集

Cut.png 以上でネタバレ部分は終了です。

参考リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki