FANDOM


Bunki この記事はアクションゲームシリーズ名としての『星のカービィ』について書かれています。
  • キャラクターの「カービィ」については、カービィをご覧ください。
  • ゲーム作品の『星のカービィ』については、星のカービィをご覧ください。
  • アニメ作品の『星のカービィ』については、星のカービィ (アニメ) をご覧ください。

星のカービィ』(ほし - )は、キャラクターカービィ」を主人公とするアクションゲームシリーズの総称である。『星のカービィシリーズ』『カービィシリーズ』とも。開発は主にHAL研究所で、任天堂から発売されている。

第1作目は1992年4月27日に発売された『星のカービィ』。2016年4月現在の最新作は、2016年4月28日に発売された『星のカービィ ロボボプラネット』。

概要 編集

まん丸でピンクの主人公、カービィを操作して、吸い込んだり空を飛んだりしながらひたすら先を進み奥にあるゴールを目指すというシンプルなゲーム性が特徴である(一部作品には入り組んだ迷宮などを探検するといったものもある)。

基本は2Dの横スクロールアクションであり、多くの作品がこれに属しているが、アクションパズルゲームやレースゲームなどといった別ジャンルのものも時折制作・発売されている。『星のカービィ』シリーズのゲーム作品の多くは初心者でも入り込みやすくするため、難易度が低めに設定されている。

また、シンプルなキャラクターデザインや低めのゲームの難易度、コピー能力といったシステムは、ゲーム初心者にも上級者にも楽しめるようにするための工夫である[1]。なお、キャラクターやその低めの難易度などから子供向けと誤解されることがあるが、『星のカービィ』シリーズはあくまで初心者向けであり、子供にも大人にも楽しめるものを狙っているという[1][2]

最近では『星のカービィ 参上! ドロッチェ団』など、シリーズ名の後ろにサブタイトルをつけたタイトルが多い。

『星のカービィ』シリーズのゲーム一覧 編集

『星のカービィ』シリーズのゲームの一覧は、「ゲーム一覧#星のカービィシリーズ」を参照。

『星のカービィ』シリーズに登場するキャラクター 編集

『星のカービィ』シリーズに登場するキャラクターについては、「キャラクター一覧」を参照。

システム 編集

基本アクション 編集

歩く
十字ボタンを右または左に押すと歩ける。
ダッシュ
十字ボタンを右または左に2回押すと走れる。
吸い込み
敵を吸い込む。
飲み込み
敵を飲み込む。2作目以降では、特定の種類の敵を飲み込むと、コピー能力を得られる。
はき出し
敵を星型弾にして吐き出す。2作目以降では、2体以上の敵を吸い込み、吐き出すと貫通弾となる。
ホバリング
空を飛ぶ。
スライディング
仰向けになり、一定距離を滑って敵を攻撃する。

コピー能力 編集

コピー能力」を参照。

シリーズの目玉と言える、敵の攻撃を文字通りコピーする能力。1作目では使えず、2作目『星のカービィ 夢の泉の物語』から導入された。

体力 編集

7作目『星のカービィ スーパーデラックス』より前はポイント制が採用されていたが、それ以降はゲージ制が採用されている作品も多い。

ポイント制
6ポイント分のダメージを受けると1ミスという作品が多い。
ゲージ制
攻撃によってダメージ量が異なる。

ボス 編集

ボスには以下の種類があり、いずれも吸い込みや空気弾が通じない。

中ボス
ステージ・レベルの途中で待ち受けている。倒すと吸い込める。
ボス / 大ボス
ステージ・レベルの最後で待ち受けている。吸い込むことができない。
ラストボス / ラスボス / ファイナルボス / 最終ボス
ゲームの最後にて、ラスボスと戦うことになり、倒すとエンディングとなる。吸い込むことができない。作品によっては、ラスボス戦はシューティングでの戦いとなることもある。

アニメ 編集

アニメ版については、「星のカービィ (アニメ) 」を参照。

2001年10月6日から2003年9月27日までの間、TBS系列で放送されていた。

漫画 編集

その他詳細は「書籍一覧」を参照。

小説 編集

高瀬美恵による児童小説は「星のカービィ (高瀬美恵)」を参照。

逸話 編集

  • 第1作目の開発当初の頃は「ティンクル★ポポ」というタイトルで発売される予定だったが(このときの主人公キャラの名前も「カービィ」ではなく「ポポポ」だった)、諸事情によりタイトルが現在のものに変更された。

脚注 編集

参考リンク 編集



Sleep この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください! 画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。