FANDOM


星のカービィ 鏡の大迷宮
KatAMpackage.png
日本版パッケージ表面
読み: ほしのかーびぃ かがみのだいめいきゅう
英名: Kirby & The Amazing Mirror
品番: AGB-B8KJ
ジャンル: アクション
対応機種: ゲームボーイアドバンス
3DS(アンバサダープログラム)
Wii U(バーチャルコンソール)
プレイ人数: 1 - 4人
発売日: [GBA]:
Flag japan.png 2004年4月15日
Flag usa.png 2004年10月18日
Flag europe.png 2004年7月2日
[3DSアンバサダー]:
Flag japan.png 2011年12月16日(非売品)
[Wii U VC]:
Flag japan.png 2014年4月3日
Flag usa.png 2014年4月10日
価格: 4,800円(税込)
[Wii U VC]:702円(税込)
開発元: HAL研究所フラグシップ
発売元: 任天堂

星のカービィ 鏡の大迷宮』は、2004年4月15日に発売されたゲームボーイアドバンス用のアクションゲームソフト。『星のカービィ』シリーズの第15作目にあたる。

概要 編集

今作では、他の作品のような単体のステージ群が存在せず、セントラルサークルを中心とする広大なマップを移動することでゲームを進行していく。『スーパーデラックス』(以下基本的に「SDX」と記す)および『ウルトラスーパーデラックス』(以下基本的に「USDX」と記す)の「洞窟大作戦」の形式に近いが、ゴールが存在し、そこに辿り着くとセントラルサークルへと戻る。このマップシステムによりプレイヤーの自由度が上がり、SDXおよびUSDXの「銀河にねがいを」のようにラスボスを除いて好きな順番でボスを攻略していくことが可能になっている。

また今作では本編で最大4人プレイが可能であり、プレイヤー1はピンク、2は黄色、3は赤、4は緑カービィを操作する(カラースプレーを入手すれば色を変えることができる)。またゲーム中カービィは携帯通信機を使い、他のカービィたちに救助を求めることができる(複数人数でプレイしている場合、救助を求められたプレイヤーは実際に救助に向かうかどうかを任意で決めることができる)。

基本システムは『夢の泉デラックス』をベースにしており、ドット絵や一部のBGMなども流用されている(『参上! ドロッチェ団』も同様)。

ちなみに本作にはミラーシールと初のシリーズサントラである「星のカービィ ベストセレクション」の申し込みはがきが付いていた。

ストーリー 編集

プププランドの空の上に、鏡の世界へと通じる大きな鏡があった。ある日突如黒いカゲが鏡の世界を脅かし始め、その手は表の世界にも達しようとしていた。メタナイトはプププランドを守るため一人鏡の世界に向かうが、ダークメタナイトにやられてしまう。

一方、カービィが散歩をしているとそこにダークメタナイトが現れ、カービィを攻撃。斬りつけられたカービィは4つ(ピンク、黄、赤、緑)に分かれてしまう。逃げるダークメタナイトを追いかけ、4人のカービィたちは鏡の国へと向かう。

新アクション 編集

今作では、「吸い込み」「スライディング」などの基本アクションに加え、以下のアクションが追加された。

がんばり吸い込み
吸い込みを続けると口をさらに大きく開き「がんばり吸い込み」ができる。巨大な敵でも「がんばり吸い込み」を使えば吸い込むことができる。また、1人の場合は重いブロック(小)を、4人が揃っている場合は重いブロック(大)を動かすことができる。
坂道ころがり
坂道でスライディングをするか、急降下攻撃で着地するとカービィが坂道を転がりぶつかった敵を攻撃することができる。
おねだり
自分の残機が尽きた時に他プレイヤー(CP除く)から残り人数をおねだりすることができる。

エリア 編集

ボスが存在するエリアはエリア1を除く8つ。ちなみに夢の泉の物語などと同様に、各エリア名の頭文字は全て同じアルファベットで揃えられている(ただし、最終エリアである、ディメンションミラーを除く)。

ちなみに、ゲーム開始時のまだエリアへ入る前の段階のステージのみ、敵に触れるとダメージを受け、ライフがなくなるとやられるものの、残機が減らないようになっている為実質無制限である。

キャラクター 編集

プレイヤーキャラクター
ザコ敵スカキャラ
能力を持ったザコ敵
中ボス
大ボス
ラスボス

コレクションルーム 編集

詳細は「コレクションアイテム」を参照。

もしくは

星のカービィ 鏡の大迷宮/宝箱一覧」を参照。

サブゲーム 編集

最初から遊ぶことができるものは、「ギガトンパンチ」「刹那のつまみぐい」「なみのりスターライド」の3つ。これらの3つのサブゲームは3段階の難易度(CPUの強さ)を選ぶことができる。また、ゲーム達成率を100%にすると「かちぬきボスバトル」が遊べるようになる。詳細は当該項目を参照。

音楽 編集

Stub sec.png このセクションは書きかけです。加筆してくださる執筆者を求めています。

作曲はDIMPSの稲垣博信伊勢村篤義

サウンドテスト 編集

Stub sec.png このセクションは書きかけです。加筆してくださる執筆者を求めています。

サウンドプレイヤーがくふの両方をそろえると、コレクションルームでBGMや効果音を聞くことができる。 なお、曲名に「(仮)」と付く楽曲は、便宜上、当Wikiで付けられたもので公式タイトルではない。

No. 曲名 使用箇所 がくふ サントラ 備考
00 タイトル タイトル画面 ゆめの
がくふ
1 -
01 セレクト ゲームセレクト画面 ゆめの
がくふ
3 -
02 迷宮入り口ステージ チュートリアルステージ しあわせの
がくふ
30 -
03 スタートステージ セントラルサークル はじまりの
がくふ
4 -
04 森・自然エリア エリア1 RAINBOW ROUTE げんきの
がくふ
5 -
05 炎・溶岩エリア エリア4 MUSTARD MOUNTAIN げんきの
がくふ
8 -
06 氷・水晶エリア エリア7 PEPPERMINT PALACE しあわせの
がくふ
10 -
07 洞窟・岩場エリア エリア3 CABBAGE CAVERN げんきの
がくふ
14 夢の泉森ステージ」アレンジ
08 城・建造物エリア エリア2 MOONLIGHT MANSION
エリア5 CARROT CASTLE
しあわせの
がくふ
17 -
09 遺跡エリア エリア8 RADISH RUINS げんきの
がくふ
20 -
10 宇宙エリア エリア9 CANDY CONSTELLATION しあわせの
がくふ
22 -
11 深海エリア エリア6 OLIVE OCEAN たたかいの
がくふ
23 -
12 ボス 中ボス戦 たたかいの
がくふ
6 -
13 ダークメタナイト VS.ダークメタナイト ひみつの
がくふ
25 -
14 ラストボス/第1形態 各エリアボス戦、VS.ダークマインド第1形態 たたかいの
がくふ
26 -
15 ラストボス/第2形態 VS.ダークマインド第2形態 ひみつの
がくふ
28 -
16 ラストボス/第3形態 VS.ダークマインド第3形態
スタッフロール
ひみつの
がくふ
31 -
17 エンディング エンディング ひみつの
がくふ
32 -
18 ギガトンパンチで1位 はじまりの
がくふ
- -
19 ミス ゆめの
がくふ
- -
20 ゴールゲーム ゴールゲーム しあわせの
がくふ
27 -
21 クリアダンス エリアボスを倒す ゆめの
がくふ
7 -
22 クリアダンス/ショート (仮) ゴール ゆめの
がくふ
- 短い
23 ダークメタナイト登場 ダークメタナイト登場 たたかいの
がくふ
24 -
24 オープニング オープニング1
コレクション
はじまりの
がくふ
2 -
25 オープニング オープニング2 たたかいの
がくふ
2 -
26 ダークマインド第3形態ヘ げんきの
がくふ
-
27 ギガトンパンチ ギガトンパンチ げんきの
がくふ
18 -
28 なみのりスターライド なみのりスターライド しあわせの
がくふ
12 -
29 スタートカウント なみのりスターライドスタート ゆめの
がくふ
11 -
30 ゴール! なみのりスターライドゴール ゆめの
がくふ
13 -
31 試合終了~失敗 サブゲーム ゆめの
がくふ
21 -
32 なみのりスターライドで1位 ゆめの
がくふ
- -
33 パーフェクト!(1位) 刹那のつまみ食いで1位 ゆめの
がくふ
19 -
34 刹那のつまみ食い 刹那のつまみ食い しあわせの
がくふ
15 -
35 うまくいった!(2位) はじまりの
がくふ
16 -
36 クリア ゆめの
がくふ
- おなじみのきらきら音
37 無敵 無敵状態 ゆめの
がくふ
9 -
38 ゲームオーバー ゲームオーバー ゆめの
がくふ
29 夢の泉デラックスの流用。
本編ではゲームオーバーデモがないため、かちぬきボスバトルでのみ流れる。
39 ギガトンパンチ たたかいの
がくふ
18? 27とは前奏のドラムが違う。未使用
40 刹那のつまみ食い しあわせの
がくふ
15? 34とは前奏とループ前の音程が違う。未使用
41  ?  ? げんきの
がくふ
- -

制作スタッフ 編集

制作スタッフについては「星のカービィ 鏡の大迷宮/スタッフリスト」を参照。

他言語での名称 編集

言語名前意味・由来
英語 Kirby & The Amazing Mirror
カービィアンドザアメージングミラー
カービィと素敵で迷宮な鏡
(amazing(素晴らしい) と maze(迷路) をかけている)
ドイツ語 Kirby & die wundersame Spiegelwelt
スペイン語 Kirby y el laberinto de los espejos
フランス語 Kirby et le Labyrinthe des Miroirs
イタリア語 Kirby e il Labirinto degli Specchi

余談 編集

  • 2017年4月に『みんなで! カービィハンターズZ』が登場するまで、この作品は唯一デデデ大王本人が登場しない作品であった(ただし『カービィハンターズZ』にはデデデ大王を基にしたキャラクターが登場する)。
  • 改造コードを使うことで、ストッピーというザコ敵を見ることができる[2]
  • 本来は2004年3月25日発売予定だったがゲーム内に不具合が見つかったため、発売直前である3月19日に発売の延期が発表された[3]
  • パッケージ裏面に記載されている文章は以下の通り(カッコ内はアイコン)。
ピンチの時には(携帯通信機)でSOS!
とびこめ、4人4色の大冒険!
どこかで誰かが(スイッチ)を押したり、
(キングゴーレム)と戦っていたり、
いっしょに(宝箱)をさがしたり…。
いつでも(ピンクカービィ)(イエローカービィ)(レッドカービィ)(グリーンカービィ)で冒険が楽しめる!
仲間と力をあわせて
ナゾいっぱいの大迷宮を駆けめぐろう!

画像 編集

脚注 編集

外部リンク 編集




Sleep.png この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください! 画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki