Fandom

カービィWiki

星のカービィ カービィ&デデデのプププ日記

3,043このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
星のカービィ
カービィ&デデデのプププ日記
Matsuyama-maya.jpg
読み: ほしのかーびぃ かーびぃ&でででのぷぷぷにっき
著者: 路みちる
まつやま登
出版社: エンターブレイン
分類: 連載漫画
連載誌: ファミ通DS+キューブ&アドバンス
→ファミ通DS+Wii
てれびげーむマガジン
連載期間: 2006年2月号~2016年2月号(ファミ通DS+Wii)
第2号(2009年)~連載中(てれびげーむマガジン)
単行本数: 付録コミックス現在6巻

星のカービィ カービィ&デデデのプププ日記は、まつやま登路みちる)作の漫画。連載期間は2016年で10年を超え、カービィ漫画で現在3番目の長さ。

概要 編集

ファミ通DS+キューブ&アドバンス(2006年12月号からファミ通DS+Wiiに変更された)の別冊付録「ファミ2コミック」(2009年9月号から本誌と合併)で2006年2月号より連載開始。第1〜10話は路みちる、第11話以降はまつやま登により連載されている。てれびゲームマガジンでも、第2号~2010年はる号にかけて4回掲載された。その内、第2号はフルカラーだった。『星のカービィ』を題材とした連載漫画としては、3番目に長く現在も連載中である。ちなみに、路みちるは現在「星のカービィ ぽよぽよな毎日」を連載中である。2016年2月号をもって、突然連載終了が発表された(それ以前にもファミ通DS+Wii内の神楽つなによる漫画「太鼓の達人 どんとかつの時空大冒険」が連載終了となり、最終的にプププ日記のみの連載になっていた)。ただし、てれびげーむマガジンでは「星のカービィ カービィ&デデデのプププ日記」の名前で連載継続中である。

登場キャラクター 編集

※作者で分けて記述する。

路みちるによるキャラクター 編集

カービィ
本作の主人公で一人称は『ボク』。それほどデデデ大王に敵対心がなく、一緒に遊んだりしている(デデデ大王をいばりんぼうだしちょっとイジワルなときもあるけどボクの大切な友達と発言している)。どのカービィとも同じく食べることが好きで歌が音痴。
デデデ大王
プププランドの王でたくさんの家来を従えている。一人称は『ワシ』。それほどカービィに敵対心がなく、一緒に遊んだりしている。カービィより人気がないことに怒っていたりもする。カービィと同じく音痴。
パラソルワドルディ
デデデ大王の部下で側近といえるほどいつも近くにいる。しかし、デデデ大王のお世話につかれている。背中にパラソルを背負っている。一人称は『ボク』。
メタナイト
メタナイツを従えている騎士で、一人称は『私』。いつもは西の砦にいる。栗ご飯が大好物らしい。

まつやま登によるキャラクター 編集

カービィ
一人称は『ボク』。大体は『ー』(伸ばし棒)を最後につける話し方をする。こちらのカービィもデデデ大王に敵対心がなく、一緒にいることが多い。ドロッチェ団にも敵対心はないが、悪いことをしようとすると(一度だけだが)成敗したことがある。どのカービィとも同じく食欲旺盛。コピー能力はいつのまにかコピーしている。カービィの作ったカレーはすごくおいしいらしい。よくモノボケをする(例:ケータリングと聞いて「けいと!りんぐ!」)。ニコニコ笑顔がチャームポイント。
デデデ大王
一人称は『ワシ』。こちらのデデデ大王もカービィに敵対心はなく、一緒にいることが多い。カービィと一緒にハチャメチャなことをすることもある。
ドロッチェ団にも敵対心はない。ちょっとワガママであるが、部下思いなので部下に慕われている。
パラソルワドルディ
一人称は『ワタシ』。デデデ大王の世話役。こちらも背中にパラソルを背負っている。
しっかり者で、カービィのボケにするどいツッコミを入れることもしばしば。
デデデ大王のワガママや、カービィのハチャメチャな行動に振り回されることが多い(顔に怪我をしたため食事が摂れなくなるなど)。
ワドルディ隊を呼び出すことが出来る。
メタナイト
一人称は『私』。デデデ大王に忠誠を誓う騎士。デデデ大王がピンチのときに、颯爽と現れる。
カービィとはよきライバル関係。礼儀正しく、騎士道精神に溢れている。
途中から重度の花粉症にかかっている。
ドロッチェ
怪盗組織、ドロッチェ団のリーダー。一人称は『オレ』。普段は冷静。いつもお宝のことを考えている。それゆえ、デデデ大王から宝を盗もうとしている。盗むことをしらせる手紙を切手を貼って送ったことがある(デデデ曰く『律儀』)。
スピン
ドロッチェ団メンバーの忍者。一人称は『オイラ』。身軽ですばしっこい。武器が大好きであり、手裏剣とかぎ爪を大事にしている。
ドク
ドロッチェ団メンバーの博士。一人称は『ワタシ』。頭が良く、発明が得意。
ストロン
ドロッチェ団一の巨漢。一人称は『オレ』。とっても力持ちだが、やさしい性格で無口。
チューリン
一人称は『ボク』。ドロッチェ団の戦闘員であるが、戦っている描写はない。色違いでたくさんいる。

付録コミックス 編集

いずれも「ファミ通DS+Wii」の付録であり、コミックス自体は書店で販売されていない。そのため、既に付録にされた物の入手は困難である。また、これらの付録コミックス以外にも、別の付録に纏められている事もある。

表紙 裏表紙 収録巻 備考
『毛糸のカービィ』発売記念の巻Kabidedenikki-keito01.jpgKabidedenikki-keito02.jpgファミ通DS+Wii
2010年12月号
2006年2月号~2007年6月号のもの。カバー付き。
『星のカービィ Wii』発売記念の巻Matsuyama-2a.jpgMatsuyama-2b.jpgファミ通DS+Wii
2011年12月号
2007年7月号~2008年9月号のもの。ただし、第22話(2007年10月号)がなぜか収録されていない
『星のカービィ Wii』50万本記念の巻Matsuyama-3a.jpgMatsuyama-3b.jpgファミ通DS+Wii
2012年5月号
2008年10月号~2010年6月号のもの。W表紙で、2008年10月号~2009年8月号が右開きの「カービィがんばる! 編」、2009年9月号~2010年6月号が左開きの「みんな仲よし! 編」になっている。
『星のカービィ』20周年記念の巻Matsuyama-20th.jpgMatsuyama-20thb.jpgファミ通DS+Wii
2012年7月号
2010年7月号~2012年5月号のもの。この巻より完全に左開きになり、本のサイズも変わっている。
『TDX』発売&連載100回記念の巻Matsuyama-tdxa.jpgMatsuyama-tdxb.jpgファミ通DS+Wii
2014年3月号
2012年6月号~2014年2月号のもの。
5月号付録の巻Matsuyama-maya.jpgMatsuyama-mayb.jpgファミ通DS+Wii
2015年5月号
2014年3月号~2015年1月号のもの。

また、2013年9月号には付録として「スペシャルゲームコミック夏」という本誌に連載中の4つの漫画の特定の話だけを選んで纏めた冊子が付属していた。

Dswii-2013-9a.jpgDswii-2013-9b.jpg

収録話
  • 2010年6月号(55話-Wii50万巻仲よし編10話)
  • 2010年7月号(56話-20th巻1話)
  • 2010年8月号(57話-20th巻2話)
  • 2010年9月号(58話-20th巻3話)
  • 2011年9月号(70話-20th巻15話)
  • 2011年11月号(72話-20th巻17話)
  • 2012年4月号(77話-20th巻22話)
  • 2012年6月号(79話-TDX巻1話)
  • 2012年10月号(83話-TDX巻5話)
  • 2013年4月号(89話-TDX巻11話)

の10話が収録されている。

エンターブレインムック 編集

今までは付録コミックスがあるのみだったが、2014年に傑作選という形でムック化された。

表紙 裏表紙 発売日 ISBN
ベストセレクションMatsuyama-Besta.jpgMatsuyama-Bestb.jpg2014年4月30日ISBN 978-4-04-729595-7

各話のストーリー 編集

第1話〜第18話

第1話〜第18話については「星のカービィ カービィ&デデデのプププ日記 『毛糸のカービィ』発売記念の巻#収録話」を参照。

第19話〜第33話

第19話〜第33話(第22話除く)については「星のカービィ カービィ&デデデのプププ日記 『星のカービィ Wii』発売記念の巻#収録話」を参照。

第34話〜第55話

第34話〜第55話については「星のカービィ カービィ&デデデのプププ日記 『星のカービィ Wii』50万本突破記念の巻#収録話」を参照。

第56話〜第78話

第56話〜第78話については「星のカービィ カービィ&デデデのプププ日記 『星のカービィ』20周年記念の巻#収録話」を参照。

第79話〜第99話

第79話〜第99話については「星のカービィ カービィ&デデデのプププ日記 『星のカービィ トリプルデラックス』発売&連載100回記念の巻#収録話」を参照。

第100話〜第110話

第100話〜第110話については「星のカービィ カービィ&デデデのプププ日記 ファミ通DS+Wii 5月号特別付録の巻#収録話」を参照。

第111話(2015年2月号)
第112話(2015年3月号)
第113話(2015年4月号)
第114話(2015年5月号)
第115話(2015年6月号)
クレイシアが初登場。恥ずかしがり屋で寡黙なので板に言葉を書いて意思を伝えるが、やたら顔文字を使ったりと女子力のある文面を見せる。そんなクレイシアが創作に詰まっていたので、カービィとデデデ達は手伝うことにした。しかしながらロクなアイデアが出ず、巨大なカービィの像を作った所、転がってデデデが潰されそうになる。これに感銘を受けたクレイシアは…。
第116話(2015年7月号)
第117話(2015年8月号)
第118話(2015年9月号)
第119話(2015年10月号)
第120話(2015年11月号)
第121話(2015年12月号)
プランクはデデデ城に秘密基地を作っていたが、デデデ大王に追い出されてしまう。そこで墓場の近くに秘密基地を作ったが、あまりに大きすぎたため、観光地になるほど目立ってしまった。
第122話(2016年1月号)
デデデ大王は鍋料理に飽きてきていた(カービィがジョロキア鍋を作るも失敗)。そこでパラソルワドルディは鍋奉行の資格が得られるチラシを見せて、みんなで資格を取ろうとするも、その指導者は以前高価な鍋を売りつけてきたマホロアだった。高級な鍋に高級な材料を使わされるものの、一同は資格を得ることに成功する。しかしマホロアの本当の目的は、鍋の損失代、材料費を請求し、デデデ城の資金が枯渇したところを乗っ取る事だった。上手い事デデデ城を奪ったマホロアだったが、カービィのジョロキア鍋で(デデデ大王と共に)あっさり城から退散した。
第123話(2016年2月号、最終回)
カービィがデデデ城にやってくると、パラソルワドルディ含む、ワドルディ達は忘年会で留守だった。2人ではロクに何も出来ず、何とかパラソルワドルディを呼び戻そうと思うも、忘年会の場所を知らなかった。作者のまつやま登によると、原稿を描いていた時点では最終回の情報が入っていなかったため、普通の日常的なストーリーになっているとのこと。
Stub sec.png このセクションは書きかけです。加筆してくださる執筆者を求めています。

てれびげーむマガジン内 編集

作者のまつやま登は、前述のとおり、同エンターブレイン出版の「てれびげーむマガジン」に2009年の第2号(2009年4月1日発売、第1号は2008年)からはる号にかけて、「カービィ&デデデのプププ日記」を連載した。その後あき号より、「カービィ&デデデのプププ日記」とは別にカービィの漫画を連載していたが、いつの間にかこちらも「カービィ&デデデのプププ日記」として連載を継続している。カービィのゲームが発売された時期に、そのゲームに合わせた2ページのカラー漫画が掲載される。登場キャラクターの性格等はカービィ&デデデのプププ日記と同じである。

また、連載開始前の第2号では、『USDX』の紹介ページ「みんなの人気ものカービィの大ぼうけん」の漫画も担当している。

2010年あき号~2011年しょか号
毛糸のカービィ』の漫画、全3回
2011年なつ号・September号
あつめて! カービィ』の紹介漫画、全2回
2011年November号
※ポケモンカード漫画のため掲載無し?
2011年January号・2012年March号
星のカービィ Wii』の漫画、全2回
2012年May号~2014年January号
特に漫画の副題無し?
2014年March号以降(別冊April号含む)
星のカービィ トリプルデラックス』、『タッチ! カービィ スーパーレインボー』の漫画、毎奇数月号に連載中

各話ストーリー 編集

※もしかしたら掲載されていない号もあるかもしれないです。

第2号(2009年)
第3号(2009年)
第4号(2009年)
2010年はる号
2010年あき号
『毛糸のカービィ』の漫画1
2011年はる号
『毛糸のカービィ』の漫画2
2011年しょか号
『毛糸のカービィ』の漫画3
2011年なつ号
『あつめて! カービィ』の漫画1
2011年度 September
『あつめて! カービィ』の漫画2
2011年度 November
(掲載無し?)
2011年度 January
『星のカービィ Wii』の漫画1
2012年度 March
『星のカービィ Wii』の漫画2
2012年度 May
(掲載あり)
2012年度 July
(掲載あり)
2012年度 September
(掲載あり)
2012年度 November
(掲載あり)
2012年度 January
2013年度 March
2013年度 May
2013年度 July
2013年度 September
(掲載あり)
2013年度 November
2013年度 January
(掲載あり)
2014年度 March
2014年度 別冊 April
暇だったデデデ大王にカービィはサーカス能力でジャグリングをしたり、バルーンアートをするも、大王はジャグリングに巻き込まれたり、巨大なバルーンを破裂させられたりする。
2014年度 May
2014年度 別冊 June
(掲載あり)
2014年度 July
(掲載あり)
2014年度 September
2014年度 November
2014年度 January
2015年度 March
エリーヌと一緒に城の色んな物に色を塗っていたカービィは、バンダナワドルディに怒られる。そんな時、バンダナワドルディは虹色の玉を拾うがそれは爆弾だった。5月号特別付録の巻にも白黒で収録。
別冊 2015年度 April
付録冊子に『タチカビSR』の4コマを収録。一部は上記と同じく5月号特別付録の巻にも収録。
2015年度 May
2015年度 別冊 June
(掲載あり)
2015年度 July
(掲載あり)
別冊 August 2015
(掲載あり)
September 2015
November 2015
(掲載あり)
January 2016
(掲載あり)
March 2016
外で3DSで遊んでいたデデデ大王だが、電池残量が少なくなってしまう。何とかしようとするも、スパークでカービィが充電しようとしたり、色んなボケをかましているうちに、電源が切れてしまう。
May 2016
カービィとワドルディはながれぼしが落ちるのを見つけ、それを探しに行く。道中で窯、花、梅干し、ヒトデと、関係無い物をながれぼしと言うカービィであったが、海岸で煙が登るのを見つける。駆け付けると、釣りをしていたデデデ大王にそのながれぼしが衝突していた。
別冊てれびげーむマガジンスペシャル マリオカートアーケードグランプリデラックス号
別冊てれびげーむマガジンスペシャル ロボボプラネット号
July 2016
風邪を引いてしまったデデデ大王とパラソルワドルディの前にドクターカービィが登場。まず初めにパラソルワドルディの頭に注射をぶっ差して治療する。注射が嫌なデデデ大王は抵抗し、注射をしなくてもいい方法があるとカービィに言われ、大きなカプセルを口の中に無理やり押し込まれる。
別冊てれびげーむマガジンスペシャル スプラトゥーン号
September 2016
ロボボアーマーにステッカーをカスタマイズ出来る事をうらやましく思ったデデデ大王はガウンにステッカーを貼るが、「らくがき/デデデ大王」だったため格好悪いとステッカーを剥がそうとする。しかし剥がれず力任せに引っ張りガウンを引き裂いてしまう。パラソルワドルディに怒られ背中に「大」「王」のステッカーをガウンの代わりにと貼られてしまう。
November 2016
うっかり寝過ごして遅刻してしまったスージーは、カービィに頼んでロボボアーマーのホイールモードで会社まで送ってもらうことにした。しかし途中でワドルドゥのおばあちゃんを見つけて家まで送ることに。スージーに急かされて会社まで向かうが、間違えてワドルドゥのおばあちゃんを会社に連れてきてしまい、スージーはワドルドゥのおばあちゃんの家に置いてきてしまう。
January 2017
March 2017

余談 編集

  • 連載開始の月から話数を数えて行くと1話不足している。2009年11月号では47話と表記されているが、2009年12月号では49話と表記されているため、48話が存在しない可能性が高い

脚注 編集

外部リンク 編集


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki