FANDOM


星のカービィ64 4コマまんが王国
4koma-hutabasya-64a
読み: ほしのかーびぃろくよん 4こままんがおうこく
ISBN: ISBN 4-575-93701-0
著者: 中村里美
出版社: 双葉社
分類: アンソロジー
発売日: 2000年8月12日

星のカービィ64 4コマまんが王国は、双葉社から発売された、星のカービィを題材としたアンソロジーコミック

概要 編集

Stub sec このセクションは書きかけです。加筆してくださる執筆者を求めています。

2000年8月12日に双葉社から発行された「ACTION COMICS」シリーズの、『星のカービィ64』を題材としたアンソロジーコミック。編集はG.G.C.編。双葉社のカービィシリーズを題材としたアンソロジーとしては、特定のタイトルのみを対象としたものはこれが初めてである。従来の双葉社のアンソロジーと同じく、カラーページはなく、漫画以外のページ、表紙には公式のアートワークが用いられている。

タイトル一覧 編集

『64星カービィ』(中村里美)
「激突!」
「ワドルディの目」
「後天的るいとも」
「不適で無敵」
「ないないづくし」
「砂漠にて」
「食べ物以外は」
「セルフサービス」
「白くて三角」
「きりたんぽ」
「パネル変更」
「心理テスト①」
「心理テスト②」
「目つき」
「電車で迷惑」
『らくがお』(神楽つな)
「タベスギスター」
「ゴクゴクスター」
「イメチェンスター」
「リサイクルスター」
「カンバンスター」
「ショウジキスター」
「レイガイスター」
「ムービースター」
「バラバラスター」
「バレバレスター」
「ハモハモスター」
「ケイサンスター」
「モクテキスター」
「オモイデスター」
『流れ星をおいかけて』(森まりも)
「始まりはこんな感じで」
「「…ス」なんて言えない」
「あやうく今生の別れ」
「知らなくてよかったこと」
「どーしてもなっちゃうよね」
「今月のいい話」
「きばりすぎ」
「起き抜けに焼き魚定食」
「コレカラスターの恐怖」
「第一印象で決めました (チリーさん・男 談)」
「…それで結局」
「カッターカッターカッター」
「彼らのカリスマ」
「急がす人がここに一人」
「そしてもう一人」
『いただきます』(牧原ひさと)
「プレミアカード」
「背中」
「写実画」
「計画」
「ごちそうさま」
「クリスタル」
「ペッタンコ」
「そのまんま」
「だったらいーな」
「しあわせな一瞬」
「ターザンごっこ」
「大物」
「チャチャチャ」
「ふわふわ」
「とるとるバトル」
『VITAMIN』(高沢浩里)
「大丈夫?」
「コラコラ」
「仲間!!」
「キャーーッ」
「あこがれ」
「こんな……」
「頼むから」
「もうダメ」
「超強力」(手書きで「ちょっとウソ」と小さく書かれている)
「どーやって」
「ちっ」
「そんなもん」
「どう」
「どれ」
「なんちゃって」
『走れ走れ。』(川本祐太郎)
「不適材」
「挑戦」
「再挑戦」
「無理な挑戦」
「垂涎」
「そしゃく」
「ピンクの球体」
「記憶にございません」
「逃走」
「強いぞアドレーヌ」
「ノロイぞ大王」
「条件反射」
「聞く耳持たん」
「苦しくったって〜〜♪」
「いつまでも」
『デデデの星64』(東静馬)
「イメトレ」
「ももむくとよくやること」
「ごはんごはん」
「アイデンティティーを問う」
「箱女」
「ルリルリ1/6」
「筆自由自在」
「自分をふりかえる」
「牛の上トロ」
「テレパシー漫才」
「ふっとそんな気になる時」
「ヤバいのりもの酔い」
「暗闇と芸術家」
「ブルブルボンボン」
「トマトでバッチリ」
『カービィ風味』(渡辺きりか)
「おーぷにんぐ」
「理性」
「フォロー」
「密談」
「能力星って」
「お友達」
「おべんきょう」
「もっとお友達」
「おいしい想像」
「イザという時」
「お お友達…」
「こんだて」
「光よ!」
「ゴメンよぉ」
「えんでぃんぐ」
『ハッピー☆ストライク』(田島朋)
「ムチャする」
「デンジャラス」
「アビリティ」
「丸いヤツら」
「走り出したら」
「グルメ」
「専用武器」
「切れ味」
「キャンバスに夢を描いて」
「未知の世界へ」
「まだまだ」
「ピンクの悪夢」
「ワープスターを呼べ」
「口の中で」
「ラブストーリーは始まらない」
『クリスタルピンク』(ほしのえみこ)
「ザコキャラ」
「力の前に…」
「本業」
「世界一の美女」
「栄養にならない」
「芸術的ヒント」
「チャッピー」
「手作りのプレゼント」
「強さの秘密」
「I need you」
「食べなさい」
「いやーーん」
「それはヤブ」
「ペットの正体」
「治療はお早目に」
『ピンクでフワフワ♡』(大賀)
「ショムカービィ」
「友達がイチゴにみえた時……」
「キケンな静電気」
「ミックス→トリック」
「理由」
「奇行死」
「とんでるオトメ」
「よこからみると……」
「さいみん」
「石と炎」
「食べたぶんの重み」
「チクチク」
「コールドスリープ」
「長編」
『こんどのカービィはいろいろスゴイ!!』(森山一保)
「はじまり」
「ぼくのなまえは」
「おねがい」
「またまたおねがい」
「バーニング バーニング」
「バーニング ストーン」
「バーニング スパーク」
「うわ!?」
「たすけてあげて!」
「オイラもいくっス」
「キャ!?」
「あたしもまぜて」
「デデデ」
「ついていってやるよ!」
「よっしゃ つぎいこ」
『サイレントカービィ』(柳田直和)
「ひろいもの?」
「うしろの正面」
「プライド」
「筋トレ」
「調子に乗りすぎ」
「ゴッツン」
「ドアよりでかい」
「ペロッガー対策」
「板前セッキ」
「換気しよう」
「焼き○○○」
「少しずつヘコみます」
「のびーる」
「細心の注意」
「ひそんでます」
『まるまるコピー!』(まつやま登)
「ヒーロー!!」
「ナイスジャンプ」
「花ふぶき」
「ざくーーっ」
「なぞ」
「ふんだりけったり」
「便利機能」
「出来心」
「好奇心」
「雑」
「心配性」
「スカウト」
「芸術家魂」
「たーまやーっ」
「目的変更」
『メガネ姫を救え!』(かみかわりょう)
「くろいかげ」
「カービィ登場」
「うわーーっ!!」
「おちおちキャッスル」
「危険なのりもの」
「はらへった」
「リフトアップ」
「ゲームオーバー」
「別腹」
「よくかんで」
「カービィハウス」
「できません」
「不便利」
「タイミング」
「水森アドレーヌ」

画像 編集