FANDOM


星のカービィ!
も〜れつプププアワー! 13巻
Taniguchi-13a
読み: ほしのかーびぃ! も〜れつぷぷぷあわー! 13かん
ISBN: ISBN 978-4091422293
著者: 谷口あさみ
出版社: 小学館
分類: 連載漫画
発売日: 2016年11月28日
初版発行日: 2016年12月3日

星のカービィ! も〜れつプププアワー! 13巻は、谷口あさみ作の漫画『星のカービィ! も〜れつプププアワー!』の単行本第13巻(最終巻)。

概要 編集

谷口あさみによる『星のカービィ』を題材とした漫画『星のカービィ! も〜れつプププアワー!』の第13巻(最終巻)。月刊コロコロコミック'16年3月号~'16年10月号、別冊コロコロコミック'16年4月号~'16年6月号掲載作品、おまけを収録。今までどの漫画でも出番の無かったグリルが初めて登場。中盤は『星のカービィ ロボボプラネット』発売もあり、ロボボプラネット編の話が続く。最後は本作らしい話で締めくくられ、10年の連載に幕を閉じた。最終話の後に描きおろし漫画がある。表紙絵は連載開始からのレギュラー、準レギュラーキャラクターが集合しているが、コックカワサキを入れ忘れたことを作中に書いている。

主要キャラクター 編集

登場人物紹介掲載キャラクター

登場するコピー能力など 編集

収録話 編集

Stub sec このセクションは書きかけです。加筆してくださる執筆者を求めています。
第1話 グリルがやってきたのだ!!
リンゴを運んでいたグリルだったが、デデデのハンマーが飛んでくる。その後ホウキがどこかに飛んでいき、追っていくと迷路に迷い込む。カービィのファイター能力の壁破壊で突破するが、バウのホウキ屋のホウキと混ぜこぜになり、違うホウキを選んだため、グリルのホウキが怒ってどこかへ飛び去ってしまう。カービィをホウキ代わりにしたグリルだったが、頻繁に飯屋に寄るので使い物にならなかった。余談だが、久しぶりに作中に迷路のページが登場した。
第2話 名探偵カービィ!
午後13時30分、プププヶ丘でデデデ大王がパンツ一丁でメタナイトのマントの切れ端を持ったままおにぎりを顔面にぶつけてカレーまみれになって倒れていた。カービィが犯人を捜すべく推理するが駆けつけてきた大王の部下のバッティーとヘビーナイトによって、大王がカービィにカレーまみれにされた仕返しをしようとしたら、石のおにぎりで返り討ちに遭っていたことが分かるのだった。
第3話 千年桜に願いを
手や足がはえて外を自由に動きまわれる夢を叶えるべく、カービィと一緒に千年桜を目指すブリッパー。途中でドロッチェ団が妨害しようとするも失敗。千年桜に着き、今のままの姿で良いと自覚したブリッパーは願いを叶えず、カービィがみんなで花見をするという願いを叶える。
第4話 ロボボプラネット編 ハルトマンワークスカンパニーがやってきた!!
ハルトマンワークスカンパニーがやってきてウィスピーボーグをけしかけた。ピンチだったカービィだが、インベードアーマーを奪い取り、ロボボアーマーとして使用。ロボボパンチでウィスピーボーグを倒した。
第5話 ロボボプラネット編 いそげ!カービィのもとへ!!
ハルトマンワークスカンパニーがやってきて、カービィの元へ向かおうとするデデデとメタナイトだったが、なぜか二人三脚をやっていた。二人を倒そうとしていたラボトリィをメタナイトが華麗に倒し、最後に『ロボプラ』の宣伝をするのであった。
第6話 ロボボプラネット編 カービィVSスージー
リレインバーに乗ったスージーとカービィが対決。ロボボアーマーはカップめんの重しにしていた。アイスモードでリレインバーを凍結させてスージーに勝ったカービィだが周りのキャラも凍らせたため、ファイアモードのクリムゾンテイルで溶かそうとするが火力が強すぎて焦げてしまう。
第7話 ロボボプラネット編 どうにもこうにも大ピンチなのだ!!
敵から逃げたカービィとデデデは池の真ん中でワニに囲まれていた。ミラー能力のミラーぶんしんで何とかしようとするも、分身もワニを怖がる始末。メタナイトはすでにワニに食われていた。しかしU.F.O.能力のミステリーキャッチでワニを転送して事なきを得る。ワニはスージーの元へ送られた。
第8話 ロボボプラネット編 社長がやってきた!その名はプレジデント・ハルトマン!!
バーベキューをしていると、とうとうプレジデント・ハルトマンが登場。カービィを「会社のカービィ」になるようムービーを見せるが、サプリメントを1日1個しか食べられないのは嫌だと、カービィがサプリメントを一箱全部食べてマッチョになる。その効果を見てハルトマン社長はサプリメントを売り上げて大儲け。その後もサプリメントを試そうとカービィを追いかけるのであった。
第9話 あつ〜い夏を涼みた〜いのだ!![1]
暑い夏を乗り切ろうとするカービィとデデデ。服を脱ぎ、アイスクリームは燃え、木陰にもロクに入れないところを、チリーのかき氷屋を発見する。しかしハルトマン一行に買占めされてしまう。そこでいよいよチリーを舐め始める二人。怒ったチリーは二人を凍らせるのだった。
第10話 観察日記をつけるのだ!!
アサガオの観察日記をしていたメタナイトを見て、カービィもメタナイトの観察日記を始める。さらに他のキャラクターの観察日記も始める。するとエリーヌとクレイシアのパッションケーキが仮面のやつに奪われたと、メタナイトが疑われる。しかしカービィの1分ごとの細かいメタナイトの観察日記によって、疑惑は無くなるが、奇妙な私生活が暴露されたことで逆に深手を負うメタナイトだった。
最終話 カービィを追いかけろ!も〜れつ鬼ごっこなのだ!![1]
カービィを捕まえたら漫画の主人公になれる鬼ごっこ。それを聞いて色んなキャラがカービィを追いかける。マホロアのトラップやデデデのハンマーをあっさり回避し、メタナイトが追いかける途中でカービィカフェで一緒に食い逃げしていると、新キャラ「ダークマター」が銀河支配をするためにやってきた。しかし残りページ数が無いと知り焦りマルクに蹴とばされる始末。結局カービィが寝てしまい鬼ごっこは終了。翌日、またいつも通りの一日が始まるのだった。
描きおろし特別まんが おまけの!!も〜れつプププアワー!
ヒマなカービィ達はメタナイトの言うゲームを無視して、似顔絵ゲームを始める。ツッコミに入ったデデデ大王によってカービィはパーティの招待状を書くように頼まれるのだった。
  • みんなから一言!!

ゲストキャラクター 編集

グリル
第1話で登場。一人称は原作通り「ボクちん」。(自我を持つ)魔法のホウキと一緒に銀河を旅している。リンゴを運んでいたところにデデデ大王のハンマーが飛んでくる。その後飛んで行ってしまったホウキを追いかけるが、バウのホウキ屋のホウキと混ざってしまい、間違えたところをホウキが憤慨してどこかに飛んで行ってしまう。その後カービィをホウキ代わりにしようとするが、飯屋に度々寄るので全く使い物にならなかった。カービィシリーズを題材にした漫画でグリルが登場したのはおそらく今回が初(ゲームSFC版『きらきらきっず』発売から約18年)。
スージー
第4話以降で登場。ポップスターをキカイ化するためにやってきた。一人称は「ワタクシ」。第4話でウィスピーボーグをけしかけるも、カービィのロボボアーマーに敗れ、第6話でリレインバーに乗って挑むも、アイスモードのスノーマンブリザードでマシンを凍結させられてしまう。第7話でワニに襲われているカービィとデデデを見て笑って去っていくが、U.F.O.能力のミステリーキャッチで転送されたワニがスージーの上に降ってくる。第8話のプレジデント・ハルトマン登場シーンでは「銀河に名立たるハルトマン」を歌っている。その後はハルトマン社長がカービィを追っかけるようになったり、侵略をし切れていないという理由なのかは不明だが、なぜかポップスターに居ついている。
ウィスピーボーグ
第4話で登場。ハルトマンワークスカンパニーによりウィスピーウッズがキカイ化された。カービィのロボボアーマーのロボボパンチによって敗れて元のウィスピーに戻った。
プレジデント・ハルトマン
第8話以降で登場。スージーの侵略がなかなか進まないので、「銀河に名立たるハルトマン」のフレーズとともに登場。見どころがあると思ったカービィを「星のカービィ」をやめて「会社のカービィ」になるよう会社への就職を勧める。栄養サプリメントを大量に吸い込み筋骨隆々となったカービィを見て、誰でもマッチョになれるサプリメントとして販売し、巨万の富を得る。その後は更なるサプリメントをカービィに試そうと、カービィを追いかけ回す。第9話では金の力でかき氷を買い占める。第10話で頭の髪の毛がカツラであることが判明する(なぜか女性物のカツラもある)。
ハルトワーカーズインベードアーマーラボトリィセキュリティサービス
ハルトマンワークスカンパニーの社員たち。
ギャラクティックナイト
第10話でエリーヌとクレイシアの食べていたパッションケーキを奪っていく。仮面をしたやつということで、メタナイトが疑われてしまう。
ダークマター
最終話で銀河の支配をするため唐突に登場。剣士姿。しかし残りページ数が3ページと言われ焦る。その直後、マルクに「どけ新人ー!!」と蹴り飛ばされる(当漫画上では新人だが、ゲーム上ではダークマターの方が登場が先)。そしてそのまま出番が終わる。

用語 編集

千年桜
第3話。1000年に一度だけ花を咲かせ、願い事を一つだけ叶える奇跡の桜。ブリッパーの「手や足がはえて外を動きまわれる」という夢を叶えるべくカービィと一緒に向かうが道中をドロッチェ団が妨害する。最終的にブリッパーが今の自分に満足して、カービィがみんなで花見をするという願いを叶える。
ハルトマンワークスカンパニー
第4話以降。ポップスターをキカイ化しようとやってきた宇宙侵略企業。
ロボボアーマー (工作)
第4話。カービィが作って身に着けた。頭は新聞紙の兜(ロボボアーマーと書いてある)、肩(に相当しそうな手の上辺り)はダンボール、腕は牛乳パック(も〜れつ牛乳)、足は缶詰(右足が桃缶、左足がミカン缶)。
ロボボアーマー
第4話や6話、8話で登場。第4話ではインベードアーマーを奪ってウィスピーボーグに挑み、ロボボパンチで倒す。第6話ではカップめんの重しにされていたが、結局ファイアモードとアイスモードでスージーと戦う。第8話ではバーベキューに炎を灯していた。
会社のカービィ! も〜れつ残業アワー!
第8話。ハルトマンワークスカンパニーの社員となったカービィを描くムービー。カービィがなぜかスーツ姿の人型をしている。一日に一度だけ小さなサプリメントを食べるらしい。
栄養サプリメント
第8話。会社のカービィになったら一粒しか食べられないと知ったカービィが一箱全て吸い込むと、マッチョ姿になった。それを知ったハルトマンはこのサプリメントを「マッチョ! サプリ」として販売し金を儲けまくる事になる。
かき氷
第9話。チリー特製。ハルトマン一行が金の力で買い占めてしまう。味に「イチゴ」、「メロン」、「レモン」、そして謎の「つち」があるが詳細は不明。
観察日記
第10話。メタナイトがアサガオの観察日記をしていたのを見て、カービィもメタナイトの観察日記を始める。その後は色々なキャラクターの観察日記もする。1分ごとに内容が刻まれていた。メタナイトの歌を「ダサいうた」と書いている。
カービィカフェ
最終話。連載時期にやっていた。カービィ曰く「カービィ力フエる(カービィ力増える)」料理。カービィはもちろん、メタナイトも「メタナイトが夜な夜なこっそり食べてるパフェ」を食い逃げしている。
好き好き♡メタナイトさまゲーム
特別まんが。「みんながこのメタナイトさまの大好きなところを順番に語っていく、実に知的なゲーム」。一人何個言っても良いらしい。
ハル研の石田さん
特別まんが。似顔絵ゲームのお題で描かれていた。石田氏はMiiverseでイシダという名前でスタッフルームの投稿担当をしているHAL研究所の広報の方。

脚注 編集

  1. ^ a b 「〜」は二山の波線。

余談 編集

  • 初版の表紙では13の数字がガオガオに重なってしまっていた。後の版で修正されている。

画像 編集