FANDOM


(ボルン署長をリニュアルせよ) ← 第10話 | 第11話 | 第12話 → (デデデ城のユーレイ)
Theater011

シアターの間で見られたアニメのあらすじ紹介

Theater011h

シアターの間で見られたアニメの表紙

宮廷シェフ・カワサキ』(きゅうてい - )はアニメ『星のカービィ』の第11話のサブタイトルである。初回放送日は2001年12月15日、初回放送の視聴率は4.5%[1]

登場人物 編集

メインキャラクター

ほか

魔獣

登場したコピー能力 編集

あらすじ 編集

料理が下手なコックカワサキはデデデ城のシェフになってしまう。大物のコックオオサカがくるという噂が流れ料理本を読むカワサキ。ところがその本の幻の食材ゼボンがカービィに書き換えられていた。カービィを料理しようとするカワサキ。果たしてカービィの運命は?

次回予告の台詞 編集

コックカワサキ:料理の道は厳しいよ~。オレみたいに才能あっても、努力しても、味の分からない村の客ばかりでは腕もにぶっちゃう。そんなところへ、おっかな~いお客さんがやってきた。なんとオレのお師匠なんだよ。最高の料理作らないと叱られちゃう~。次はカービィに助けてもらわなくちゃな~。

海外でのサブタイトル 編集

言語名前意味・由来
英語 The Big Taste Test
味の大テスト[2]

名台詞・迷台詞 編集

  • エスカルゴンが食材にされそうな場面で「おとなしく食材になれば特別ボーナスを出してやるぞい」(デデデ
  • 「私目はそんな味です。ニヒヒヒヒヒ」(エスカルゴン)
  • 同上「でもこの高級食材(エスカルゴンのこと)を生かす料理人はいないでゲショーが」(エスカルゴン)
  • 「これだったら陛下の作った料理の方が、なんぼかマシでゲスな~」(エスカルゴン)
  • 「食材?オマエ(エスカルゴン)のことか!?」(デデデ)
  • 「こんなことなら家庭科の授業をサボるんじゃなかった」(コックカワサキ
  • カワサキの店に入るときに「おじゃま虫」(デデデ)

脚注 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

Sleep この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください! 画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。