FANDOM


(夢の恐竜天国! 前編) ← 第75話 | 第76話 | 第77話 → (ロイヤル・アカデデデミー)
Theater076

シアターの間で見られたアニメのあらすじ紹介

Theater076h

シアターの間で見られたアニメの表紙

夢の恐竜天国! 後編』(ゆめ - きょうりゅうてんごく - こうへん)はアニメ『星のカービィ』の第76話のサブタイトルである。初回放送日は2003年3月29日、初回放送の視聴率は5.4%[1]

登場人物 編集

メインキャラクター

ほか

魔獣

登場したコピー能力 編集

あらすじ 編集

Stub sec このセクションは書きかけです。加筆してくださる執筆者を求めています。

次回予告の台詞 編集

フーム:デデデが作った夢の恐竜天国、ダイナソーパークを見学しに行った私たちは、とんでもないものを見た!悪い予感は当たって、そこは遺伝子技術を悪用した巨大モンスターでいっぱい!ここまで言えばみんな分かるかしら?次はカービィまでヘンテコにされて大暴れよ!

海外でのサブタイトル 編集

言語名前意味・由来
英語 Fossil Fools - Part 2
化石バカ達〜その2〜[2]

備考 編集

名台詞・迷台詞 編集

  • デデデの質問に対して「陛下の先祖は、実は恐竜だったでゲショーがよ」(エスカルゴン
  • 「ワシの先祖はTレックスかぞい?」(デデデ) - エスカルゴンに「Dレックスでゲショ」とダメだしされている
  • 「いくら陛下が愚かでも、あんな化け物作る訳ないでゲショーが!?」(エスカルゴン)
  • フームの発言に対して「私の占いより確実なの?」(メーベル
  • エスカルゴンのキメラ恐竜を見て「お、お前そっくりぞい。ゲスカルサウルスぞい!」(デデデ)
  • 「へ、へ、陛下~私を捨てるでゲスか~?」「当然!我が身大事ぞい!」「永遠に離れないと誓った夜をお忘れでゲスか~?」「すっかり忘れたぞい」(エスカルゴン&デデデ)
  • ボルン署長のキメラ恐竜を見て「酷いというか、傑作というか…あれはボルントサウルスじゃ」(レン村長
  • 「自然に逆らって蘇らせたりしちゃいけなかったのよ」(フーム
  • キメラ恐竜たちの骨を見て「スープのだしに使えるのかな~?」(コックカワサキ) - ガスに「本気か!?」と訊かれ「ギャグよ。ギャグだって…」と答えている

脚注 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

Sleep この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください! 画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。