FANDOM


(モスガバーの逆襲!) ← 第74話 | 第75話 | 第76話 → (夢の恐竜天国! 後編)
Theater075

シアターの間で見られたアニメのあらすじ紹介

Theater075h

シアターの間で見られたアニメの表紙

夢の恐竜天国! 前編』(ゆめ - きょうりゅうてんごく - ぜんぺん)はアニメ『星のカービィ』の第75話のサブタイトルである。初回放送日は2003年3月22日、初回放送の視聴率は4.5%[1]

登場人物 編集

メインキャラクター

ほか

魔獣

あらすじ 編集

トッコリが前を見ていなかったため、目の前の崖に激突した。頭が完全にはまり、カービィが引っこ抜いた瞬間、恐竜の化石が出てきた。これを機に村は恐竜の化石ブームに。爪と足が出たんだから、他の部分もきっと出る。それを願い、村人たちは崖をひたすら掘った。偶然そこを通りかかったデデデは、崖をむちゃくちゃに掘りまくり、奇跡にも化石の全パーツが発見された。デデデは一瞬にして恐竜マニアになってしまう。恐竜がすでに絶滅したとも知らず、それを教えてもらっても信じられない。恐竜は生きていると主張する本を出したり、村中に足跡をつくったり……。村人に恐竜はいると思い知らせたかったが、それも無駄に終わった。ついにはホーリーナイトメア社に頼り、ドクター・モロをダウンロードした。モロは研究所を作り、フームキュリオを利用して恐竜を蘇らせようとした。しかし、モロは突然消えてしまった。そしてデデデは恐竜のテーマパークを作り、そこでデデデそっくりの恐竜を目撃した……。

次回予告の台詞 編集

デデデ(以下デ)&エスカルゴン(以下エ):(デ)ワシは恐竜くんが好きゾイ!(エ)へへっ。子どもはみんな恐竜が好きでゲスからね。でも、恐竜は今から何億年も前に滅びたでゲスよ。(デ)だまれ、スカルゴン!恐竜くんの悪口は許さんゾイ!(エ)悪口ではなく、科学的事実でゲス!(デ)カービィは滅んでも恐竜は永遠ゾイ!かくなる上は、生きた恐竜を発掘して動物園を作るゾイ!

海外でのサブタイトル 編集

言語名前意味・由来
英語 Fossil Foots - Part1
化石バカ達〜その1〜[2]

備考 編集

名台詞・迷台詞 編集

  • 「あっ、これゴジラ!」(ホッヘ
  • デデデが恐竜が絶滅したことを知らなかったことに対して「あーんなに勉強してしらんのかいな…」(エスカルゴン
  • ドクター・モロの「1+1=?」という質問に対して「3!」(デデデ)
  • ドクター・モロの「空から落ちてくる水は?」という質問に対して「鳥のおしっこ!」(デデデ)
  • 発掘調査に飽きてしまったホッヘ達に対して「見られないからこそ、想像力をかきたてられない?永遠に手に入らないもの。知りようのないことを研究して、真理に近付くのが科学の楽しさよ」(フーム
  • 「ツギハギしただけでしょうが」(エスカルゴン)
  • 「仕事熱心な奴らは利用しやすいでゲスな~」(エスカルゴン)
  • 恐竜のテーマパークがオープンしたことに対して「そんな映画なかった?」(メーム

脚注 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

Sleep この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください! 画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。