FANDOM


吸い込み (すいこみ) は、カービィのアクションの1つ。

概要 編集

敵キャラクターを掃除機のごとく吸い込んで、吐き出すというアクションは、星のカービィシリーズ最大の特徴の一つといえるであろう。ただし、中ボス(一部の作品では倒した後に吸い込み可能)や大ボスといったひとまわり大きい敵は吸い込むことができない。また、ザコ敵であってもゴルドーシャッツォなど、吸い込めないものや、ガレブなど、がんばり吸い込みでないと吸い込めないものもいる。スカーフィなど、吸い込みに対して耐性を持つ敵もいる(スカーフィの場合、吸い込もうとすると逆に襲ってくる)。その後、星のカービィ 夢の泉の物語から、敵を吸い込み、飲み込むことでその敵の持つ能力に見合った技を使えるようになるコピー能力が追加され、より一層ゲーム性が高まった。

 起源 編集

スーパーマリオシリーズの、亀をひっくりかえして甲羅を蹴るという“敵を利用する”楽しみを、初心者にも、敵に極端に近づくことなくローリスクで楽しめるようにしたのが、カービィの吸い込みはき出しだという。[1]

各作品における「吸い込み」 編集

殆どの作品
口を大きく開け、その場に止まって吸い込みをする。その際、ゴミのようなものや風のようなエフェクトがある。多くに置いて基本アクションである。
星のカービィ
飲み込んでもコピーできなかった。
カービィのピンボール
ポピーブラザーズランド中段右側にいるはらぺこカービィが真ん中のおさらに入ったものを吸い込んで食べるという仕掛けがある。
星のカービィ64
吸い込みをしながらゆっくりと歩くことができる。
星のカービィ 参上! ドロッチェ団
Bボタン長押しでがんばり吸い込み になるが、少しすると疲れて吸い込みをやめてしまう。エフェクトは白の風。
星のカービィ ウルトラスーパーデラックス
時間無制限に吸い込みをする。エフェクトは大小混ざった水色の風。
星のカービィWii
制限時間までなら、「仲間を吸い込んでいる」「がんばり吸い込み中」などの条件下で、吸い込んでもすぐ口を閉じずに吸い込みを続けることができる。
カービィのすいこみ大作戦
敵を複数吸い込んだり、大きな敵を吸い込んだりすると、「まんぷくカービィ」と呼ばれる姿になる。

アニメ版 編集

アニメ版でも、主人公のカービィは主にフームブンの指示で吸い込みをすることができる(自分の意思で吸い込んだり、フームの真似をするデデデエスカルゴンの指示で吸い込むこともある)。アニメ版では吸い込みを行う前に足をばたつかせるというアクションがある。吸い込み開始後、わずかに後ろに下がる。エフェクトは玉虫色のような、CDの裏の光沢のような色をした風で、カービィの口からトルネイド状になっている。周りの木々や実際に吸い込みの対象でないものにも風の影響があるなど、ゲームの時よりかなり強風に描写されている。しかし、アニメ3話でのメタナイト 等、一部のキャラクターは吸い込みをされても全く動かなかった。

大乱闘スマッシュブラザーズ 編集

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズでは『吸い込み』はカービィの通常必殺ワザ。相手を吸い込んだ後もう一度Bボタンを押すと星にして前方に発射し攻撃(はき出し)、下入力を入れると相手の能力をコピーできる(飲み込み)。スマブラシリーズのコピー能力についてはコピー能力の記事の該当項目を参照。

脚注 編集

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。