FANDOM


(キュリオ氏の古代プププ文明) ← 第8話 | 第9話 | 第10話 → (ボルン署長をリニュアルせよ)
Theater009

シアターの間で見られたアニメのあらすじ紹介

Theater009h

シアターの間で見られたアニメの表紙

ロロロとラララ愛のメロディ』( - あい - )とは、アニメ『星のカービィ』の第9話のサブタイトルである。初回放送日は2001年12月1日、初回放送の視聴率は6.2%[1]

登場人物 編集

メインキャラクター

ほか

魔獣


登場したコピー能力 編集

あらすじ 編集

ロロロとラララデデデ大王に別々の要求をされ、拒否する。どうしても一緒にいないとダメな2人。ブンメームに勉強しなさいと言われた時に2人は自分の親の事が気になって質問する。すると、メームとその時いあわせたパームは血相を変えてブン達を部屋から追い出す。そして、メームらはフームがまだ赤ん坊の頃、2人が現れた時のことを思い出す。しかし、カービィがそれを聞いて覚えてしまう。メームはカービィの口に×印にテープを貼って喋らないようにする。その頃、デデデは暇つぶしにデリバリーシステム魔獣を呼び出す。偶然にも、その魔獣はロロロとラララを2つに分けた魔獣キッタリハッタリだったのである! デデデはひと通り村で遊んだ後、カービィを襲わせる。2つに切られたカービィをさらに切り刻むよう命令するデデデ。その時、ロロロとラララはとっさに2つに分かれたカービィを救って逃げた。カービィはどうなってしまうのか!? また、ロロロとラララの誕生の秘密に、一体何があったというのか!?

次回予告の台詞 編集

ロロロ(以下ロ)とラララ(以下ラ):(ロ)僕ロロロ!(ラ)私はラララ!(ロ)僕らには秘密があるんだ。昔フームがまだ小さい頃…。(ラ)ロロロ!お話をばらしちゃダメ!(ロ)そうだね。でもキッタリハッタリのことはいいだろう?デデデが呼んだ恐ろしい魔獣さ。(ラ)アイツのおかげで私たちは…。(ロ)ロロロとラララの2人になっちゃったんだ。(ラ)カービィも危ない!(2人)次も見てね!

海外でのサブタイトル 編集

言語名前意味・由来
英語 The Fofa Factor
ローラの要因[2]

名台詞・迷台詞 編集

  • ロロロとラララに自分たちの生い立ちを聞かれて「ああ、お前たちはな、コウノトリが間違えて落としていった…」(パーム) - ブンに「ちぇっ、それじゃ子供だましじゃん」と言われている。
  • フームにロロロとラララの生い立ちを聞かれて「だから、竹の中から…」「いやいや、川を流れてきた桃から…」(メーム&パーム) - それぞれ竹取物語(かぐや姫)桃太郎の冒頭のあらすじである。なお、フームに「おとぎ話で誤魔化さないで!」と言われている。
  • 「ヒドいでげす。愛すべき私めを実験台にするなんて…」「だからワシだって付き合ってやったんだぞい」「ホントはそんな気はなかったんでげしょーが!」(エスカルゴン&デデデ)
  • バイオテクノロジーの乱用は危険でげすよ!」(エスカルゴン)
  • 「(前略)あたしたちは…姿は2つでも…心は1つ!」(ロロロとラララ)

脚注 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集


Sleep この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください! 画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。