FANDOM


リョウリガーZ
読み: りょうりがーぜっと
登場話: 第82話

リョウリガーZ[1]とはアニメ『星のカービィ』に登場する戦闘用ロボット。

概要編集

第82話で登場。デデデが購入(正確には村人にフードプロセッサーとして買わせたリョウリガーZの部品を合体させた)した戦闘用ロボット[2]。食べ物を利用した攻撃をするため、始めカービィは料理に飛びついては一方的にやられていた[3]。しかし、村の男たちが説明書を読みあげているのを聞いて、メタナイト卿ギャラクシアで攻撃して火花を散らし、それを吸い込んスパークカービィとなり、ロボの内部に入り込み攻撃した。その結果、ロボがオーバーヒートを起こして爆発した。操縦席が電子レンジであったためデデデとエスカルゴンは丸焼きにされてしまった。名前は、マジンガーZのパロディである[4]

余談 編集

  • フードプロセッサーとして届けられたリョウリガーZのエンブレムのパーツに対して、トッコリが「すっげぇキモイデザインだな!」と発言したのは有名な話。

脚注 編集

  1. ^ 正確には魔獣ではなく、ロボットであるが、当Wikiでは魔獣として分類する。
  2. ^ 中に入って操縦する必要がある。
  3. ^ その前にブレイドナイトソードナイトが向かって行ったがすぐにはじきとばされた。
  4. ^ あにかびパロディ集(カビページ)

関連記事 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki