Fandom

カービィWiki

リボン

3,015このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク3 シェアする
リボン
Ribbon1.jpg
星のカービィ64』のリボン
読み: りぼん
英名: Ribbon
初登場: 星のカービィ64
分類: キャラクター

リボンは、星のカービィ64に登場するカービィの仲間キャラクター及びヒロインキャラクター。

概要 編集

リップルスターを救うためにポップスターまでやってきた妖精。星のカービィシリーズ全体を通してみても珍しい「ヒロイン」にあたるキャラクターでもある。カービィにクリスタルの回収を手伝ってもらう旅に出る事になった。

ゲーム内では、カービィがクリスタルを取得した際に、回収に現れる。また、ゼロツーとのラストバトルでは、カービィと共に戦うこととなる。詳しくは下記項目を参照。

星のカービィ64におけるリボン 編集

外見的特徴
妖精。背中には小さくて透明な羽が2枚生えていて、休息時を除けばつねにそれで飛行している状態である。身長はカービィより若干小さい程度(20cm以下)であり、約二頭身。これはリップルスターの女王を除いた地元の妖精のほぼ全てにある特徴らしい。
髪はピンク色をしており、長さはセミショート(セミロングとショートカットの中間)ほど。また、頭頂部にはチャームポイントの大きな赤いリボンをつけている。黄色い2つのボタンがついた、赤い服を着ている。その下には俗に言う白いカボチャパンツを穿いている。
黄色い足は靴(またはそれに類似するもの)であるかどうかは不明。カービィがこれのように素の足の可能性もあるが、デデデ大王の黄色い手が手袋であった点から、リボンも靴をはいている可能性もある。
経歴
故郷である妖精たちがすむ星、「リップルスター」に突然不気味な黒い雲が現れ、星の宝物である「クリスタル」を狙ったため、リップルスターの女王はリボンにクリスタルを託して宇宙へ逃がした。ところが、後から追いかけてきた黒い雲の妨害により、クリスタルは砕け散り、周囲の星々に降り注いでいき、同時にリボンも、ポップスターへと落ちてしまった。
その後、リボンはカービィと出会い、クリスタルを探すための協力を得て、カービィの仲間へと加わった。
他キャラクターとの関係
ムービーの様子から、皆に気を遣える優しい性格という事が伺える。真のエンディングでは、カービィにキスをしたが、好意を抱いているかは不明。
ステージ内での活躍
道中でクリスタルを手にした際に、回収するため画面上に現れる。
ラスボスとの戦闘について

リボン+クリスタル」を参照。

すべてのクリスタルを収集した後にミラクルマターを倒すと出現する、レベル7「ファイナルスター」でのゼロツーとの戦闘時は、カービィの飛行をサポートするという形で戦闘に参加する。ゼロツー戦固有能力「リボン+クリスタル(妖+晶)」のリボン(妖)の部分が彼女を表している。
企画段階におけるリボン
企画段階では、他のリップルスターの妖精のように、比較的短髪でリボンもそこまで大きくなかったが、後に大きめに変更された。企画段階ではなぜかスタッフに「川島」と呼ばれていた。元々はステージセレクト後に、操作キャラクターの選択との切りかえの役目を担っていたが、このシステムは実装には至らず、ゲームにおける重要キャラクターとして登場することになった[1]

漫画作品でのリボン 編集

星のカービィ デデデでプププなものがたり
リップルスターから来た妖精としてとても人気があるが、妖精と言う事でお転婆でみんなを困らせる事もしばしば。余りの人気ゆえに街角でスカウトされアイドルデビューしたり、ポスターで登場したりするが、チュチュアドレーヌと比べると出番はかなり少ない。ちなみにカービィとプリクラを撮った事がある。
星のカービィ パクッと大爆ショー‼︎
2巻7話「″はじめて″で大爆ショー‼︎」でチリーの妄想で登場した他、2巻10話「デデデカップで大爆ショー‼︎」では本人が登場した。

海外での名称 編集

言語名前意味・由来
英語 Ribbon
韓国語 리본

脚注 編集

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki