FANDOM


リックカッター
Rick-cutter1a
読み: りっくかったー
初登場: 星のカービィ2
分類: 仲間と合体

リックカッターは、カービィが仲間と合体して使えるコピー能力の1つ。

概要 編集

リックと合体した状態でカッターをコピーしていると使えるコピー能力。カービィをカッターにして、リックが放り投げる。投げたカービィは暫くすると戻ってくる。この時、リックを操作可能で、わざとカービィをキャッチしないようにすることもできる。また、リック単独の時、リックが敵に触れるとダメージを受け、体力が0になると、カービィがカッターから戻ってない時は、画面外にカービィが居ようと、そこでミスになる。『星のカービィ3』では壁の向こうのアイテムを取るのにも役に立つ。

漫画でのリックカッター編集

星のカービィ デデデでプププなものがたり
3巻 第7話「プププランド演劇発表会、主役はだれだ!?」に登場。
カメ(カイン)をいじめた桃太郎(デデデ大王)を懲らしめた浦島太郎(リック)は、謝罪の証としてきび団子(カービィ)を貰う。リックが食らいつくとカービィの体が欠けてしまい、デデデは本当に食べたと驚く。しかし実際にはカッターになっていただけで、リックはトドメとばかりにカービィをデデデに投げつけると、カインも含めた3人で去って行った。

画像 編集