FANDOM


Bunki この記事はコピー能力の「ユーフォー」について書かれています。
  • 敵キャラクターの「ユーフォー」については、ユーフォー (キャラクター)をご覧ください。
  • メタモル能力の「ユーフォー」については、U.F.O.をご覧ください。
ユーフォー
UFO
星のカービィ 夢の泉の物語』のユーフォー
読み: ゆーふぉー
英名: UFO
コピー元: ユーフォー
初登場: 星のカービィ 夢の泉の物語
分類: 通常コピー

ユーフォーまたはUFOは、カービィコピー能力の一種。

概要 編集

その名の通り、コピーするとカービィが円盤型のユーフォーになり、常に空中浮遊した状態となる。敵キャラクターユーフォーからコピー出来るが、この敵キャラ自体出現する場所が極めて少ないため、敵からコピーできるコピー能力の中では最もレアな存在という位置付けになっている作品が多い(コピーのもとも存在しないが、『参上!ドロッチェ団』ではコピー能力のシャボンは存在する)。

『夢の泉』では、このコピー能力は強力すぎるためかコピーしたステージ限定でしか使用できないという制限があり、ゴールするか、ステージ選択エリアに戻るなどするとすっぴんに戻ってしまうため、他のステージに持ち越すことができなかった。『鏡の大迷宮』でもセントラルサークルに行くと消えてしまう。
しかし、『星のカービィ 参上! ドロッチェ団』では、後述の通りステージを持ち越せるようになった。後に復活した『ロボボプラネット』でもステージ間で持越しができる。
攻撃力こそ極めて高いものの、溜め無しのビーム以外の攻撃は全て水平方向にしか発射することができず、縦に長いエリアでは上下からダメージを受けてしまう危険性が高かったが、最近の作品ではスターガードやかくさんねっせんビームほうが実装されたことで上下にもある程度対応できるようになった。横方向では威力に加えて、上下左右自由に移動可能な事もあって非常に使いやすい。

登場作品 編集

星のカービィ 夢の泉の物語
ユーフォーからコピー。内容は前述のとおり。ただし、ステージを途中で抜け出したり、ゴールしたりするとすっぴんに戻ってしまう。ただし、裏技によりユーフォーを他ステージに持ち運ぶ手段があるにはある。また、一度吸い込むとコンティニュー、あるいは再起動するまでコピーした場所にユーフォーは出現しない。ロッキー2体のミックス放置でユーフォーが手に入るポイントがいくつかある。
カービィボウル
ユーフォーからコピー。一定時間の間自由にステージ上を移動することができる。下降・上昇はできず、能力発動時の高さを保ったままの移動となる。ただし、坂道にカービィの体がふれるとその坂道に沿って上り下りができる。また、動作スピードも常に一定で、能力発動時のカービィの「水平方向」の速度になるため、制御は思いの外困難になる場合が多い(スピードの下限はあるため、水平方向の速度がゼロに近くてもある程度の速度は出る)。
カウントが0になるか壁にぶつかるとエンストして自動的に真下の床に着地する。またカウント途中でもAボタンを押せば好きなところで降りることが可能 (うまくゴールの真上から着地するとそのままカップインできる)。ただし、発動中に他の能力を取得してしまった場合、任意での着地は不可能になってしまう。
星のカービィ 夢の泉デラックス
基本的に『夢の泉の物語』と同じ。ただし、持ち運びの裏技はない。
星のカービィ 鏡の大迷宮
セントラルサークルに戻るまでは維持可能。ちなみに携帯通信機使用時は、パラボラアンテナを出す。CPUはいつの間にかセントラルサークルでこの能力を普通に持っている場合があるが、これはプレイヤーと別エリアにいるCPUはランダムで能力が変更されるようになっているため[1]、それがセントラルサークルであった場合に偶然UFOが引き当てられたためである。そのため、CPUのUFOが別エリアからセントラルサークルに戻っていくのを目撃した場合はちゃんとCPUもすっぴんに戻っている。ボム能力の自爆を利用してCPUから能力星を奪ったりマジック能力のルーレットでうまくUFOを引き当てればセントラルサークルでも使用可能。ちなみに、公式サイト「星のカービィポータル」のシリーズヒストリーのページの『鏡』のスクリーンショットではピンクのカービィがセントラルサークルでUFOをコピーしている。
星のカービィ 参上! ドロッチェ団
この作品では、ステージ選択エリアでもすっぴんに戻ることがなくなった。ただし、各攻撃の威力は控えめになっており、旧作より弱体化している(『夢の泉』・『鏡』では貫通弾はレーザー攻撃の4.5〜6倍の威力だったが、今作では2倍[2])。巻物を取れば、カービィの周りを電気の球が回り、それに触れた敵は電撃属性のダメージを受けるスターガードが使えるようになる。敵のユーフォー自体はギャンブルギャラクシー・ステージ3にしか出現しないが、ドクの乗り物「スペシャルマシン」からコピーできるほか、コピーミックスやシャボンミックス(最大ミックスが必要)、道中のシャボン(隠しフロアにあることが多い)でシャボンを手に入れることができる。この能力を使っている時にコピーパレットからアイテムを頬張ると、地面に落ちて動けなくなる。
星のカービィ トリプルデラックス
レアキーホルダーとして登場。ワイルド ワールド・ステージ3で入手できる。
カービィファイターズZ
バタービルディングでドット絵になって登場。お邪魔役。
星のカービィ ロボボプラネット
ユーフォーからコピー。ただし、敵のユーフォーは100%クリア達成後にのうりょくおためしべやに出現するのみで、ステージ中には一切登場しない。ルーレットコピーのもとコピールーレットでも登場せず、コピーのもとも存在しない。amiiboすいこみでカービィ(カービィシリーズ)のamiiboを使用する事で100%クリア前でも使用可能。
ダッシュが可能になっており新技も数多習得している。さらに、今まで上からすり抜けられなかったすりぬけ床もすり抜けられるようになった。また、ステージ間も持ち越せる。ムービー中やエリア移動などでは、今作で追加されたU.F.O.変身時の頭上のアンテナ部分を帽子とした普通のカービィの状態になる。
星のカービィ スターアライズ
イラストの一つ「御宝争奪大迷宮」で描かれている。

編集

星のカービィ 夢の泉の物語星のカービィ 夢の泉デラックス星のカービィ 鏡の大迷宮星のカービィ 参上! ドロッチェ団
攻撃ボタンを押し続けた溜め時間によって次のように威力が四段階に変化する。星のカービィ 夢の泉の物語では溜め大は星型弾、溜め最大は貫通弾と同等のものになっており、溜め最大は壁を貫通せず、水中で放つと下方に落ちていく。『参ドロ』ではワザのまきものを獲得することでスターガードが使用可能。
溜めなし:ビーム
溜め小:レーザー
溜め大:光弾(『参ドロ』では地形を貫通(敵は貫通しない))
溜め最大:貫通弾(地形を貫通し硬いブロックも破壊可能(『夢の泉の物語』では壁を貫通しない))
星のカービィ ロボボプラネット
画像 ワザ名
操作 効果
UFO チェーンビーム
チェーンビーム Bはなす ビームを振り下す、夢デラなどのユーフォーの能力のような攻撃。電気属性。
UFO スマートビーム
スマートビーム Bちょい長おし~はなす ビームを放つ、夢デラなどのユーフォーの能力のような攻撃。坂道で反射する。電気属性。過去作のレーザーと違い、火属性は無い。
UFO 熱線ビーム
ねっせんビーム Bほどよく長おし~はなす ビームを放つ、夢デラなどのユーフォーの能力のような攻撃。電気・火属性。
UFO 貫通熱線ビーム
かんつうねっせんビーム Bめちゃ長おし~はなす 壁を貫通するビームを放つ、夢デラなどのユーフォーの能力のような攻撃。電気・火属性。
UFO 拡散貫通熱線ビーム
かくさんねっせんビームほう Bめちゃめちゃ長おし~はなす 前方に3つ(1つ貫通力のある)、後方に1つビームを放つ。電気・火属性。
UFO スターガード
スターガード Bれんだ ガードを展開する。電気属性。ガードの回転方向は、発動時のカービィの向きで決まる。
UFO 未確認飛行
みかくにんひこう ダッシュ+B長おし ジグザグに移動しながら突進する。突進中は無敵。
UFO ミステリーキャッチ
ミステリーキャッチ A 真下にいる敵を吸い込む、吸い込んだ敵は消える。スカーフィなど、吸い込めない敵は吸い込めない。元ネタはメタモル能力U.F.O.か。

ポーズ画面の説明編集

星のカービィ 夢の泉の物語
ボタンを おしっぱなしに することで
4だんかいの こうげきが つかえるぞ!
ほかのばしょへ もっていくことは
できないから きをつけよう!
星のカービィ 夢の泉デラックス星のカービィ 鏡の大迷宮星のカービィ 参上! ドロッチェ団
これをコピーできたあなたは
ラッキー!
ボタンをおす長さでかわる
4つのワザをつかいこなせ!
星のカービィ ロボボプラネット
みかくにん飛行物体を かくにん!
これを コピーできた あなたは、
とても ラッキーである!
コピー能力総選挙
自在に空を飛び、ビームやレーザーを発射!

漫画に於けるユーフォー 編集

星のカービィ デデデでプププなものがたり 編集

「UFO」表記。『ロボプラ』の「ミステリーキャッチ」に似たトラクタービームで、真下の物体を体内に取り込むことができる。背表紙に登場したのは10巻

1巻 第4話「デデデ大王、宇宙旅行にいく!!」
デデデ大王が宇宙にスターロッドを持って行ったため、デデデを追うべくユーフォーからコピー。この状態になると体がツルツルしているらしく、チービィは普段のようにカービィに乗ることができなかった。そこでカービィはトラクタービームでチービィを体内に乗せてから宇宙へ向かった。尚「宇宙へ行くまで」に能力が必要だったらしく、宇宙に着いた後は能力を解除していた。
1巻 第6話「デデデ大王、ゲームパークの支配人になる!!」
「デデデゲームパーク」にあったUFOキャッチャーは、UFO型のアームが小さすぎて中のフルーツを取れないインチキなものだった。そこでカービィが中に入ってUFOになり、トラクタービームでフルーツを根こそぎ食べてしまった。
余談だが、このUFOキャッチャーのデザインはクレーンフィーバーのクレーンゲーム機に似ている。
2巻 第4話「よっぱらいカービィ、お花見に乱入する!!」
酔ったカービィが宴会芸として発動した「コピー技10連発」の1つ。ユーフォーからコピーし、デデデにレーザーを浴びせた。
3巻 第10話「カービィ、博物館で大暴れする!!」
カービィとデデデの喧嘩でプププ博物館が倒壊してしまったために館長のMr.チクタクの怒りを買い、建て直すまでの間の野外特設コーナーに「ついらくしたUFO」として展示されることになる。

画像 編集

余談 編集

  • 『参ドロ』のアイランドアイス・ステージ2のスタート地点付近に、レーザーが引っかかる地形があり、何本も撃ちこむと処理落ちを引き起こす。
  • 『ロボプラ』のリポジトリム リズム・ステージ3のラボタワー入口の左の壁に、みかくにんひこうをするとフリーズすることがある。

脚注 編集

  1. ^ 例えばチュートリアルステージの最初のマップには能力を持っている敵が存在していないためそこで能力を得ることは不可能だが、プレイヤーが次のエリアに進んだ時に最初のエリアにいるはずのCPUが能力を得ることがあるため、このような仕様を確認できる。
  2. ^ ほし座 - こいくちデータ集より

関連項目 編集