FANDOM


モロコシー
読み: もろこしー
英名: Cobgoblin
登場話: 第34話‎‎

モロコシーとはアニメ「星のカービィ」に登場する魔獣

概要 編集

ギジラエキスを飲んだカービィに追われたデデデが呼んだ魔獣。トウモロコシの様な姿で、めしべをモヒカンに見立てている。「モロモロ~!」「モロッコ!」と鳴く。体を回転させることでマシンガンの如く連射される実(種子)は、食べた者の体内で破裂してダメージを与える。また、めしべを伸ばして相手を締め上げたり、往復ビンタで攻撃したりする。幻覚症状に襲われたカービィに対して一度は優位に立つが、コックカワサキのフライパンをコピーしたコックカービィと戦って実を全て取られてしまい、会場を埋め尽くすほどの大量のポップコーンに料理され終わった。ちなみに、このポップコーンも食べると弾ける。

他言語での名称 編集

言語名前意味・由来
日本語 モロコシー
「トウモロコシ」から
英語 Cobgoblin
コブゴブリン
「Corn(トウモロコシ)」+「Hobgoblin(ホブゴブリン:西洋妖怪の一種)」
イタリア語 Cobgoblin
英語に同じ


関連記事 編集