FANDOM


モスガバー
読み: もすがばー
登場話: 第74話

モスガバー[1]はアニメ『星のカービィ』に登場した敵。

概要 編集

第74話に登場した巨大な蛾。ストーリーの中盤まで幼虫(いも虫)であったが、劇中で変態して蛾になった。他の攻撃を寄せ付けない強靭な体をしている。成虫はダイナブレイドなどと同じく、フルCGで描かれている。

第74話での経緯 編集

普段はエンブリオ島というプププランドからはるか南の島に住んでいるが、ザ・ツインナッツホーリーナイトメア社によってさらわれたため、彼女らを救出すべく島を離れた。やがて、ププビレッジ付近の海岸に上陸し、彼女らが捕らえられているデデデ城を目指して進み出した。城に入れないと分かると、城の外壁で繭を作り成虫になった。鱗粉をばらまくモスガバーにカービィが立ち向かったが、鱗粉症にかかり、歯が立たなかった。しかし、そこにフームブンによって解放されたザ・ツインナッツが登場し、モスガバーをなだめる。そして、彼女らはモスガバーとともにエンブリオ島へと帰っていくのであった。

備考 編集

脚注 編集

  1. ^ 厳密には魔獣ではないが、当Wikiでは便宜上魔獣として扱う。

関連記事 編集


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。