Fandom

カービィWiki

メタナイト

3,004このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
トーク3 シェアする
メタナイト
Metaknight-wii01.jpg
星のカービィ Wii』のメタナイト
読み: めたないと
英名: Meta Knight
初登場: 星のカービィ 夢の泉の物語
分類: キャラクター大ボス
性別: 不明
声優: 私市淳(アニメ・スマブラX)

メタナイトは、ゲーム『星のカービィ』シリーズ、及びアニメ『星のカービィ』に登場するキャラクターである。

概要 編集

星のカービィシリーズに登場するメインキャラクターの一人。様々な作品に重要人物として登場するが経歴や素性、後述のカービィとの関係など謎が多い。メタナイト軍団のヘッドである。体は一頭身でカービィと同じような体型である。顔には銀色の仮面をつけており、素顔はほとんど表に出さない。一部の作品では彼を撃破した時に仮面が割れて一瞬だけ素顔を見ることができるが、その顔はカービィそっくりである。背中にマントを羽織っているが戦闘時には脱ぎ捨てる。マントは翼に変形させることができ、これで空を飛ぶことも可能。『Wii』はオープニングでマントを脱ぎ捨ててその下から翼を広げているので、身体から直接翼が生えている様な描写がある。翼の色はSDXUSDXの「メタナイトの逆襲」では紫色であり、夢の泉デラックスの「メタナイトでゴー!」とUSDXの「メタナイトでゴーDX」では青色である。

巨大戦艦「ハルバード」と戦闘部隊「メタナイツ」を保有している。過去にこれらを使い、本人曰く“堕落に満ちた”プププランドにクーデターを起こそうとした(『スーパーデラックス』および『ウルトラスーパーデラックス』の「メタナイトの逆襲」)。ちなみに上記作品の描写から一都市に匹敵するほど巨大な軍事要塞を所有していることが分かる。

思想や性格などカービィシリーズに登場するあらゆるキャラクターと一線を画す異色の存在である。

性格 編集

性格は騎士道精神に溢れており、カービィに剣(ソード)を渡して一騎打ちを挑むことが多い。そのためメタナイト戦は多くの作品でコピー能力はソードに固定されるが、一部作品によっては剣を取らずに(他のコピーで)戦う方法がある。

さらに「メタナイトの逆襲」内の描写からクーデターを引き起こす行動力、ハルバードを維持・運用する統率力、トラブルに対し冷静に命令を下す判断力なども備えている模様。さらに、墜落寸前のハルバード内でメタナイトの避難命令に従わず彼と共にカービィと戦おうとする部下がいることから、指揮官としてもその信頼の高さが伺える。

また、カービィに敗れた後修行の旅に出る。その旅の最後に遭遇したあらゆる願いを叶える大彗星ノヴァに願ったことが「銀河最強の戦士との戦い」であることから求道者のような一面を持っていることが分かる(『ウルトラスーパーデラックス』の「メタナイトでゴーDX」)。その他自身が保有する戦艦「ハルバード」の船首に自分の仮面をあしらうあたりナルシストなようであり[1]、『タッチ! カービィ』のエンディングではキザなポーズをしている。

編集

手には剣を携えている。この剣は、当初は特に設定は無く普通の剣であったが、アニメ版で宝剣ギャラクシアの設定が登場したのに際し、『夢の泉デラックス』以降、剣のデザインがアニメ版のものとなった(敵やプレイヤーで登場するメタナイトのドット絵では描画出来ていなかった)。それまでゲーム版における名称は不明であったが、スマブラXではギャラクシアダークネスという技を持ち、毛糸のカービィではインテリアとして「ほうけんギャラクシア」が登場するなど、ゲーム版においても剣の名前はギャラクシアで定着している。『鏡の大迷宮』では、ラストバトルの際に『マスターソード』を渡したが、これが彼の剣なのか鏡の国にあったものかは不明(エンディングでセントラルサークルの台座にマスターソードを置いていったため)。

剣の腕はかなりのもので、高速で振るわれる剣(『スマブラX』のスネークとメイ・リンとの無線での会話の台詞「音速に迫るスピード」)により、多彩かつ強力な剣技(詳細は後述)を繰り出す。また、動きが素早い上、作品によっては剣によるガードもこなすため隙はほとんどない。これらをもってカービィと戦うこともあれば、作品によってはカービィにアイテムを渡して手助けしたり(『夢の泉の物語』)、逆にカービィに助けられたり(『鏡の大迷宮』)することもある。

メタナイト軍団 編集

メタナイト軍団については、「メタナイト軍団」を参照。

独自にメタナイト軍団を率いていおり、この軍を使ってプププランドの粛清に乗り出したことがある。

他キャラクターとの関係 編集

カービィ
カービィと彼の関係は前述の通り謎に包まれている。既述のとおり素顔がカービィと似ていることもあり両者には浅からぬ縁があるようだが、具体的にどんな関係なのかは分かっていない。テキストを桜井政博が書いている大乱闘スマッシュブラザーズX公式サイト「スマブラ拳!!」でのメタナイトの紹介文には「カービィのライバル?です。」と書かれてこそいるが、それ以上の記述は無いため、依然として謎のままである。敵対することもあれば(『夢の泉の物語』『スーパーデラックス』SFC版『きらきらきっず』など)、協力をすることもある(『鏡の大迷宮』『星のカービィ Wii』など)。
デデデ大王
彼が『夢の泉の物語』及び『夢の泉デラックス』でデデデ大王からスターロッドを預かっていたが、デデデ大王の部下ではない。また、デデデ大王が治めるプププランドに対して反旗を翻したことがある(SDX、USDXの「メタナイトの逆襲」)。その他、デデデ大王がメタナイトを真似て「マスクド デデデ」に変装する(USDXの「大王の逆襲」)。
ダークメタナイト
『鏡の大迷宮』で、メタナイトのわずかな悪い心が実体化した姿。同作品内でカービィに敗れるも、後の作品『トリプルデラックス』で、ダークメタナイト リベンジとして、なぜかデデデ大王に戦いを挑むが再び敗れる。詳細は当該記事参照。
ギャラクティックナイト
メタナイトが「銀河最強の戦士と戦わせてくれ」と大彗星ギャラクティック・ノヴァに願い、復活させた。メタナイトと正反対な見た目や、メタナイトのものと酷似した攻撃技などから、メタナイトとの何らかの関連性が疑われるが、カービィ同様に詳細は不明である。詳細は当該記事参照。

星のカービィシリーズのメタナイト 編集

星のカービィ 夢の泉の物語
LEVEL 6のボスとして登場。戦闘の直前に剣を渡し、1対1の決闘を挑む。体力はソードの攻撃12回分。その他、部下である「メタナイツ」を率い、5つのステージで彼らにカービィを襲わせる。なお、この作品が、メタナイトの初登場作品となる。
カービィのピンボール
2周目以降、クラッコランド上段で、Mr.シャインを倒さずに星を全て破壊すると現れる。
カービィボウル
デフォルトのランキングに名前がメタナイトの絵柄のものがある。
星のカービィ スーパーデラックス
ゲームモードの一つ、「メタナイトの逆襲」で登場する。当モードでの主な攻略ステージとなる「戦艦ハルバード」を所有している。今作でのメタナイトは、「だらくに満ちたプププランドを自らの手で変える」ことを目的としている。しかし、プププランドをどのような方法で変えようとしていたのかは不明。
戦艦はカービィの妨害によって沈没した。その際には、メタナイトは無事脱出している模様。その後のメタナイトの動向は不明(後に、同一体と断定できるメタナイトは『星のカービィ 参上! ドロッチェ団』と、『星のカービィ ウルトラスーパーデラックス』の「メタナイトでゴーDX」に登場する)。「格闘王への道」でもボスの1体として登場。
カービィのきらきらきっず(SFC)
「おはなしモード」の対戦相手として登場。今のメタナイトからは想像し難い口調で、カービィにかけらをよこせと迫る。カービィに負けた後の絵では、素顔をかなり曝け出している。
星のカービィ 夢の泉デラックス
基本的に夢の泉の物語の項に同じだが、体力がソードの攻撃12回から10回に下方修正された。サブゲーム「メタナイトでゴー!」ではプレイヤーキャラクターとして登場。
カービィのエアライド
プレイヤーキャラクターの一人。カービィのコピー能力のソードとウィングを掛け合わせたようなもので、敵が近くにいると自動的にソードで斬ってくれるが、常にもっているという都合上攻撃力が弱い。また加速力も高いが、ダッシュパネルは使いにくい。地上での最高速度は42.49km/h。
星のカービィ 鏡の大迷宮
ボスとして登場したのは、写し身の存在の、「ダークメタナイト」であり、本人は彼によって「ディメンションミラー」に閉じ込められた。
星のカービィ 参上! ドロッチェ団
レベル7「シークレットシー」のボスとして登場。体力は星形弾10発分。過去作でも使っていた攻撃に加え、自身の周囲に電撃を放つ攻撃や、波動斬りを行う。
星のカービィ ウルトラスーパーデラックス
基本的にスーパーデラックスの項に同じ。追加モードである「メタナイトでゴーDX」ではプレイヤーキャラクターとして登場。「メタナイトの逆襲」でカービィに敗北した後の話で、自らを鍛え直すため、修行の旅に出る。
毛糸のカービィ
スペースランドのボスとして登場。アミーボ・アモーレの奇襲時、戦艦ハルバードで飛行中だったためプププランドでただ1人難を逃れており、プププランドの異変に気付くが不意を突かれてアミーボ・アモーレの最後の被害者になってしまう。その後抵抗虚しく毛糸の剣に操られてしまい、カービィやフラッフと戦うことになる。毛糸玉を当てて怯ませ、剣を引きはがすことでダメージとなるが、すぐに新たな剣が補充され、攻撃も激しさを増す。また、空中移動が中心のため毛糸玉を当て辛く、こちらの毛糸玉を斬り捨てて防御してしまうことも多い。なお、この戦闘はメタナイトを洗脳から解放する形式のため、撃破しても仮面は割れない。剣を破壊され元に戻った後は、カービィにアミーボ・アモーレがプププランドに侵攻したことを教え、自身もプププランドに戻る。ラスボス戦の最終形態直前にはメタモルリングをカービィに投げ渡し、決戦の援護をした。インテリアには彼の仮面や剣、彼を象ったぬいぐるみがある。キャラクターNo.は86番。落とすビーズは4000(チェインボーナス含めず)。
あつめて! カービィ
サブゲームの「空中探検隊EOS」「カービィマスター」にのみ登場する。
星のカービィ Wii
マルチプレイで操作が可能。本編のプロローグムービーでは読書をする一面を見せた。その最中にポップスターに不時着したマホロアを助けるべく立ち上がったカービィたちに同行した。ウィングのはばたきに、ソードの技を加えたような攻撃技を持つ。
星のカービィ トリプルデラックス
キーホルダーとして登場。また、100%達成時のムービー「カービィマスター!」にメタナイトらしきキャラクターが観客席に座っている。
タッチ! カービィ スーパーレインボー
フィギュアでのみ登場。
星のカービィ ロボボプラネット
「ストーリーモード」では単身でハルトマンワークスカンパニーに立ち向かうも敗れ、メタナイトボーグに改造される。ギガント グラウンドのボスとして登場。また、アクシス アークスではメタナイトボーグ改として立ちはだかる。星の夢登場時は元の姿に戻り、戦艦ハルバードに乗るようにロボボアーマーに乗ったカービィに命令する。しかしカービィは戦艦ハルバード自体をスキャンし、最終決戦艦ハルバードモードになる。追加モードの「メタナイトでゴー リターンズ」ではプレイヤーキャラとして登場。カービィが昼寝をしている間にハルトマンワークスカンパニーを潰すという「ストーリーモード」のパラレルワールドである。またメタナイトがプレイヤーキャラとして登場しているため、ギガント グラウンドのボスは強化量産メタナイトボーグに差し替えられているが、なぜかこれに本人のデータが組み込まれている。
Kirby's Avalanche
今回は剣ではなく、Avalanche(日本で言うぷよぷよ)で勝負を仕掛けてくる。カービィに負けると、白旗を振る。会話はKirby's Avalanche/会話一覧を参照。

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズのメタナイト 編集

メタナイト (スマブラ)も参照。

大乱闘スマッシュブラザーズDX
「メタナイト」のフィギュアが存在する。スマブラのフィギュア解説一覧も参照。
大乱闘スマッシュブラザーズX
対戦におけるメタナイト
プレイヤーキャラクターとして使用可能。ボイスはアニメと同じく私市淳だが、アニメに比べ少し声が低めになっている。マッハの剣速を駆使した素早い攻撃に加えて、連続5段ジャンプや滑空など優秀な復帰性能が特徴。ただし、一発の火力は低く、決定打に欠ける。軽いため吹っ飛ばされやすい上に、飛び道具を持たないので常に相手に接近しつつ、吹っ飛ばされないように一定の距離を保っての立ち回りが要求される。初心者にも扱いやすいが、使いこなすにはテクニックが必要。使用技は後述。なお今作においては、桜井政博曰く、「(デデデカービィと同じ通常の)勝利BGMがメタナイトのイメージに合わなかった」ということで、彼専用のエレキギターアレンジによる勝利BGMが用意されている。
亜空の使者におけるメタナイト
戦艦ハルバードと共に登場。しかし、物語が始まった当初はハルバードは敵勢力の手に渡っており、メタナイト個人はそれを取り戻す目的で世界を巡っている。初登場時は城に佇むマルスを狙って不意打ちを仕掛けるなど、少し用心深くも荒々しい一面を見せたが、目的が一致していると分かると素直に共闘している。また、突如として現れたルカリオに決闘を挑まれた際は潔く応じ、結果握手を交わし友情を育む場面もあった。後半は敵勢力に強奪されたハルバードをその手に取り戻し(結局犠牲にされる)、他ファイター達と協力してラスボスへ挑んだ。今作にも「メタナイト」のフィギュア、最後の切り札を使うメタナイトのフィギュア「ギャラクシアダークネス」が存在する。
大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U

使用技 編集

Stub sec.png このセクションは書きかけです。加筆してくださる執筆者を求めています。

星のカービィ 夢の泉の物語 / 夢の泉デラックス 編集

突き
剣を下に構え落下する。デラックスは下突きの落下速度が上昇し、剣を上に突き上げる上突きが追加された。
斬り
接近して剣を振り下ろす。3回斬ることもある。デラックスは間合いが近くなければ剣を振りかぶって接近する。
回転斬り
空中で縦に回転しながら斬りつける。

メタナイトでゴー! 編集

画像 ワザ名
操作 効果
YDX-meta1.jpg
斬り B 敵を斬りつける。
YDX-meta4.jpg
空中移動 A Aを連打することで使用。翼を羽ばたかせて空を飛ぶ。カービィホバリングとほぼ同じ(ただし、翼で飛ぶため、落下速度はこちらの方が速い)。
YDX-meta5.jpg
横方向に突き 十字ボタン下+AまたはB カービィのスライディングとほぼ同じ動作で地面を滑りながら突きを繰り出す。
YDX-meta2.jpg
上方向に突き 十字ボタン上+B 剣を上に突き上げる。
YDX-meta3.jpg
下方向に突き 空中で十字ボタン+B 剣を下に構えて急降下する。

SDX / USDX 編集

下突き
ムーンカッター
三日月の形をした刃を飛ばす。吸い込むとソードをコピーできる。
メタ百れつぎり
連続でプレイヤーキャラクターを斬る。
竜巻斬り
巨大な竜巻を放つ。メタナイトの背後に移動することで回避できる。USDXは画面左右の定位置にジャンプ移動してから行う。
トルネイドアタック
竜巻となってプレイヤーキャラクターを追いかける。
青い衝撃波
青色の衝撃波を放つ。

メタナイトでゴーDX 編集

メタチョッピング
Bを押すことで使用。
メタアッパー
メタチョッピング後にBを押すことで使用。
メタ百れつぎり
Bを連打することで使用。
ナイトビーム
HPが満タンのときにBを押すことで使用。剣先からビームを放つ。
くしざしスラッシュ
ダッシュ中にBを押すことで使用。
スピニングナイト
ダッシュ中にジャンプをし、Bを押すことで使用。
メタチョッピング+つきだし
空中でBを押すことで使用。
したづき
空中で十字ボタン下+Bを押すことで使用。
うえつき
十字ボタン上+Bを押すことで使用。
特殊能力
以下の技はエネルギーを溜めることによって使える特殊能力である。以下の技は下画面に表示されているパネルをタッチすることで使用。
ナイトしょうかん
使うことにより、エネルギーを2ポイント消費する。使うとヘルパーであるブレイドナイトソードナイトのどちらかをランダムで召喚する。前述の方法の他、Xボタンを押すことでも使える。
メタクイック
使うことにより、エネルギーを8ポイント消費する。使うとメタナイトとヘルパーの移動速度が速くなる。
ヒーリング
使うことにより、エネルギーを10ポイント消費する。使うとメタナイトとヘルパーのHPが完全に回復する。
マッハトルネイド
使うことにより、エネルギーを30ポイント消費する。使うと画面全体を巨大な竜巻で攻撃する。

星のカービィ 参上! ドロッチェ団 編集

兜割り
波動斬り
剣からエネルギー波を放つ。横一列を攻撃する。
竜巻斬り
上突き

星のカービィ Wii 編集

基本的に、同作でカービィが使用するコピー能力『ソード』と同じ。

画像 ワザ名
操作 効果
Meta-wii-2.png
たてぎり 1 剣を縦に振り下ろして攻撃する。
Meta-wii-1.png
ナイトビーム 体力満タンで1 剣から光線を放って攻撃する。
Meta-wii-3.png
メタ3れんぎり 『たてぎり』後に1を2回 『たてぎり』に続いて、さらに2回、計3回斬りつける。3段目は前の2段より攻撃範囲が広くなっている。
Meta-wii-4.png
メタ百れつぎり
~きめぎり
『メタ3れんぎり』後に1 前方を連続で攻撃できる。
Meta-wii-5.png
ドリルスラッシュ ダッシュ+1 剣を突出しながら突進して攻撃する。
Meta-wii-7.png
スピニングナイト ダッシュ+空中で1 空中で2回転しながら斬る。
Meta-wii-6.png
メタチョッピング 空中で1 空中で剣を突出し、そのままの状態で降下する。
Meta-wii-8.png
したづき 空中で↓+1 剣を下向きに構えて、急降下する。
Meta-wii-9.png
うえつき ↑+1 剣を真上に突き出して攻撃する。
Meta-wii-10b.png
メタ回てんぎり 1長押し~離す 横方向に回転しながら連続攻撃する。攻撃中は、短距離だが横へ移動可能。

使用中は無敵。
Meta-wii-10a.png←溜め動作

Meta-wii-11.png
メタコンドルダイブ ダッシュ+空中で↓+1 斜め下方向に急降下して攻撃する。

おんぶしている仲間は落ちる。

Meta-wii-12.png
シャトルループ ↓↑+1 一回転して舞い上がり、その後一定時間はグライダーのように滑らかに滑空する。

発動直後は無敵。

Meta-wii-13.png
水中スピニング 水中で1 『スピニングナイト』の水中版。回転速度が遅めなので、攻撃判定の持続時間は、地上より長い。

大乱闘スマッシュブラザーズX 編集

通常必殺ワザ マッハトルネイド
カービィのトルネイド能力のように、竜巻になって攻撃する。B連打で上昇と竜巻状態の維持が出来る。『星のカービィ スーパーデラックス』のトルネイドアタックから来たもの。
横必殺ワザ ドリルラッシュ
回転しながら突撃する。スティックの上下で軌道の変更が可能。
上必殺ワザ シャトルループ
空中で円を描きながら剣で攻撃する。その後滑空状態に移行する。カービィのウィング能力のシャトルループから来たもの。
下必殺ワザ ディメンションマント
マントで姿を消し、再び現れる。攻撃ボタンを押したままだと現れた時に剣で斬りつける。
最後の切りふだ ギャラクシアダークネス
近くにいる相手を闇に包み込んで、強烈な斬りつけをお見舞いする。

アニメにおけるメタナイト 編集

星の戦士」の生き残り。デデデに仕える騎士であり、フーム達には「メタナイト卿」と呼ばれる(デデデ大王エスカルゴンからは「メタナイト」と呼ばれている)。登場時には専用のBGMが流れることが多い。

性格はクールで感情を殆ど表に出さない。また、その性格のためか残酷な一面もある。しかし、第57話『パイを笑う者はパイに泣くぞい!』で「まずい」という言葉に反応して攻撃する魔獣パワーストマックの前で「まずい」と言ってしまい攻撃を喰らう、第31話『ビバ! デデベガスへようこそ』でカービィのコピー能力マイク」により崩壊する城から落下しながらマイクの破壊力に素で感心するなど意外と天然な一面も見られる。第52話『悪魔のチョコカプセル! 前編』で勝手におまけ付きチョコのレアフィギュアとされた時も笑みを浮かべるなどまんざらではない様子を垣間見せた。また、第39話『忘却のエスカルゴン』でエスカルゴンが魔獣「ボウキャック」に憑りつかれたときは、仕方がなかったとはいえ「もっともっと痛めつけなくては」と発言するなど、サディストな一面も垣間見えた。カービィが初めて変身するコピー能力の解説をすることが多いが、第94話『脱走魔獣ファンファン』においてスロウをコピーした時には「初めて見る」と発言した(その後、カービィがヒッティーを投げるのを見て、スロウカービィだと説明をし始める)

また、カービィやフームに助言する際ほぼ毎回高い所から現れる為(カービィ達に関わらない場合もデデデ城の高めのバルコニーから見下ろしている描写が多い)、俗に低所恐怖症と言われている。

手に持つ剣は「宝剣ギャラクシア」という名で『この剣にまつわる話』も劇中に登場した。相当高齢でそれ故かなり博識である。作中ではその知識でカービィ達をサポートする。

パイロット版におけるメタナイト 編集

完全に敵として登場。カービィが吸い込んだキャプテンステッチをぶつけられて同時に倒れてしまう。

ポーズ画面の説明編集

タッチ!カービィ
青いイナズマ 仮面の戦士
高速ダッシュで ソード攻撃!
星のカービィ ウルトラスーパーデラックス
剣にやどるは むげんのパワー
おともにナイトをしたがえて
ぎんがの果てまで しゅぎょうのたびだ!
毛糸のカービィ コレクションひろば
ハルバードをあやつりうちゅうをかける
なぞにつつまれたけんのつかいて
アミーボ・アモーレにあやつられていた
星のカービィ Wii
かめんの ナイトが
クールに さんじょうっ!
空をとんで つるぎでまう
すばやさ ピカイチ
しゅぎょうの せいかだ!
タッチ! カービィ スーパーレインボー フィギュア説明文
ハルバードという戦艦を所有する
ナゾ多きかめんのけんし。
テキか味方かはっきりしない
ときもあるが、イザというとき
たよりになる。
今回はフィギュアで参上!
大乱闘スマッシュブラザーズDX
メタナイト軍団のヘッド
デデデ大王よりも
いっそう組織的で、
剣のウデが立つ。
カービィに剣を渡して
一騎打ちを要求するなど、
プププランドにはめずらしい
騎士道精神の持ち主。
カービィとの関係は、
ナゾにつつまれている。
大乱闘スマッシュブラザーズX
メタナイト
メタナイト軍団を率いるヘッドで
カービィのライバル的存在。
かなりの剣の腕前を誇る。
騎士道精神を持ち合わせており、
わざとカービィに剣を渡して
一騎討ちを挑むこともあった。
背中の大きなマントは羽根に
なり、空を飛ぶこともできる。
一瞬素顔を見せたことがあるが、
カービィとの関係は、いまだ
謎に包まれたままである。
ギャラクシアダークネス
メタナイトがマントをふるうと、
マントの奥に秘められた闇で
相手を包み、周囲が暗転する。
その後強く斬りつけて、相手を
大きく吹き飛ばすワザ。
画面が真っ暗な時、他の対戦
相手がいると、遠く離れたその
相手にも追撃をおこなう。
このことから、メタナイトは闇の
中で相当なスピードで動いて
いるものだと想像される。
大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS&大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U
メタナイト
「星のカービィ」シリーズに登場する、シブさ漂う
仮面の剣士。カービィのライバルとされている。
マントは翼に形を変え、空を飛ぶことができる。
「スマブラ」でも素早い剣術と滞空性能が特徴。
空中で5回ジャンプできたり、大きく上昇できる
必殺ワザがあったりと復帰能力は非常に高い。
積極的に空中戦を仕掛け、相手を撃墜しよう。
メタナイト(EX)
「ディメンジョンマント」は瞬間移動するワザ。
現れるまでに方向を入れておくと、出現位置を
変えられ、ボタンを押し続けると攻撃に転じる。
奇襲攻撃や混戦から抜け出したい時に便利だ。
「マッハトルネイド」は複数の相手を巻き込んで
攻撃する通常必殺ワザ。ボタン連打で上昇し、
左右に入力することで移動することも可能だ。
ギャラクシアダークネス
マントを振るって相手の自由を奪うと発動する、
メタナイトの切りふだ。画面を少しずつ暗くし、
漆黒の闇に包む。そして突然、画面に一閃、
権で振りつけてライバルを大きくふっとばす。
最初のマントがヒットしないと発動しないが、
その範囲は見た目よりも広い。誰か1人に
当たれば、残り全員にもダメージを与える。
アニメ公式サイト
太古の昔、ホーリーナイトメア社と戦うために結成された
「星の戦士団」の剣の達人。
仲間をすべて 滅ぼされ挫折した「もと星の戦士」。デデデ大王に騎士として仕えるようになったのは、デデデが魔獣で遊んでいるため次世代の戦士(カービィ)に会えるかもしれないと考えたからで、その思惑はあたった。カービィが定住するようになってからはメタナイト卿はカゲながら幼児のカービィを育て、励まし、鍛える。フームたちにも救いの手をさしのべる。

他言語での名称 編集

ドイツ語・ロシア語名下段は、ロシア語版 大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS /Wii Uサイトより

言語名前意味・由来
英語 Meta Knight
Knight = 騎士
ドイツ語 Meta Knight
Meta-Knight

スペイン語 Meta Knight
フランス語 Meta Knight
イタリア語 Meta Knight
ポルトガル語 Meta Knight
オランダ語 Meta Knight
ロシア語 Мета Рыцарь
Метанайт

韓国語 메타나이트
中国語 梅塔奈特

余談 編集

  • 『星のカービィ Wii』でのメタナイトのボイスは、声質に特徴のあるデザイナーのスタッフが担当した(具体的な人物については言及されていない)。[2]

画像 編集

脚注 編集

  1. ^ ソリッド・スネークも呆れていた(『スマブラX』でのメイ・リンとの無線会話より)。
  2. ^ 星のカービィ トリプルデラックス スタッフルーム 石田聡さんの投稿(2014/6/17)-発声頻度は少ないですが、メタナイトの声は声質に特徴のあるデザイナーのスタッフが担当したりもしています。(部分抜粋)

関連記事 編集

参考リンク 編集




Featured.png
 
Sleep.png この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください! 画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia