Fandom

カービィWiki

マホロア

3,015このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク4 シェアする
マホロア
Magolor1.jpg
読み: まほろあ
英名: Magolor
初登場: 星のカービィ Wii
分類: キャラクター

マホロア(Magolor)は星のカービィシリーズに登場するキャラクター。

概要 編集

ローブや頭巾で身を包んだ、名前通り魔法使いのようなキャラクター。

名前の由来は「魔法」+「ローア」。英名は魔法を意味する「Magic」+「Lor」であろう。また、彼の故郷を意識して古語の「まほろば」=素晴らしい場所、という意味も込められている。[1]


登場作品 編集

星のカービィWii
本作の主要キャラクター。プププランドに不時着した宇宙船・ローアの持ち主。
カービィたちにローアのパーツを集めるよう、また、ハルカンドラ来訪の際ランディアを倒すよう頼んでくる。
星のカービィ 20周年スペシャルコレクション
新たなチャレンジステージを設けてカービィを待ち受ける。また各レベルの最終ステージでは彼とレース対決をすることになる。『星のカービィ Wii』における出来事との関連性は日本語版では不明。
星のカービィ トリプルデラックス
ストーンの技で「マホロア&マルク像」に変身できたり、サーカスのバルーンアートで作れる。また、レベル4「ワイルド ワールド」stage3のキングフワローバ戦の部屋に彼の肖像画がある。キーホルダーに彼のドット絵のものがある。100%達成時のムービー「カービィマスター!」で観客席に座っている後姿が確認できる。
デデデ大王のデデデでデンZ
ゲストキャラクター。おもて1~うら6のレベルを全てゴールド以上にすると選べる「うらエクストラ」で、めかくしフラッグを持ってプレイヤーを妨害する。
星のカービィ ロボボプラネット
『TDX』同様、ストーンの技で「マホロア&マルク像」に変身できたり(但し色が異なる)、サーカスのバルーンアートで作れる。
大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U
フィギュアの一つとして登場。
みんなで! カービイハンターズZ
よろずやの店主として登場する。過去作と違い服のデザインが異なる。

エピソード 編集

星のカービィ Wii 編集

出自
彼自身は「故郷ハルカンドラ」と言っているが、ハルカンドラはあくまでローアを掘り起こす際に訪れた場所であり、出身地は不明[2]
さまざまな話
ローアにいる彼に話しかけるとローアについてなどいろいろな話を聞くことができるが、中には過去作とリンクしている話もある。
例えば、エクストラモードの終盤に聞ける話によると大彗星ギャラクティック・ノヴァスターロッドはローアと同じく古代住民の遺産であることが分かる。また、カービィのことをよく知る知り合い(誰かは不明)からカービィのことを聞いており、後述の「本来の目的」はカービィの性格や実力を知っての計画であると思われる。
Cut.png ネタバレ注意: 以降の記述でゲーム・アニメなどに関する核心部分などの、ネタバレ要素が記述されている可能性がありますので注意してください。(読み飛ばす
本来の目的
実は、ランディア討伐の依頼は策略であり、本来の目的はランディアの守護するマスタークラウンを手中に収め、ハルカンドラを支配下に置くことであった。
マスタークラウンを手に入れようとしたマホロアはランディアと戦うも敗北、ローアと共に飛ばされてしまう。その先がプププランドであり、たまたまカービィが助けようとやってきたので、ローアを修理してもらうついでにランディアも倒してもらおうと企んだのが事の始まりである。
目論見通りカービィがランディアを倒した後にマスタークラウンを強奪し、事の顛末を告白。目的をハルカンドラの支配から全宇宙の支配に変え、手始めにポップスターを支配しようとしたため、カービィ達と衝突することになる。
ランディアと共に追うカービィに対してローアを操り応戦するも失敗。異空間でカービィ達との決戦に臨む。
最期はカービィに倒され、クラウン諸共消滅した。
因みに、クラウンを手に入れる前と後では会話のフォントが異なっている。
本性
以上の事柄から、「傲慢かつ短気」な性格面が伺える。
実際、冒険中は親しげに接してくるマホロアだが、物語中盤あたりから、「ボクのためにがんばって」「やっつけちゃって」といった自己中心的な台詞や荒っぽい台詞が見えてくる。
また、ローアにいる彼に何度も話しかけると、パーツ集めを急かしたりするような台詞を言う。特にエクストラモードではそれが顕著であり、この中の台詞にも本性と思われる短気で傲慢な性格が伺える。

星のカービィ 20周年スペシャルコレクション 編集

「Wii」における出来事との関連性
先述のとおり国内版では語られていないが、海外版では「以前はカービィに迷惑をかけたが、それは終わった事だ、お詫びにテーマパークを作った」といった趣旨のセリフが存在するため、この作品は『Wii』の後日談という設定だと思われる。
以下、その全文を示す。
「Hi there! My name is Magolor. I'm from another dimension, but I just love Planet Popstar. I can't get enough of it! Things got a bit hectic when I first arrived, but that's all in the past, thanks to Kirby. To make up for all that fuss, I built Kirby a theme park right here in Dream Land! It's got special stages where you can play with different Copy Abilities. You know, some of those stages can be a bit difficult... Hmmm... Oh, but I know YOU'LL be just fine! Why don't you try to clear them all? You can even face off against me in some of the stages! Hee hee hee...! So, what do you say...? Are you ready to check out my amazing theme park? Let's go!」。

日本語訳

やあ、ミンナ! マホロアだヨォ。ボクはアナザーディメンションから来たンだケド、ただポップスターが大好きなだけなんダ。ボクはこの星を十分に手に入れられなかっタ! (カビコレの時点で)ボクが最初に来たとき、キミはあわててしまったケド、もう過ぎたことダヨォ。アリガトウ、カービィ。今回騒がせてしまったお詫びニ、カービィの遊園地をこのプププランドに作ったんダ! そこは異なるコピー能力で遊べるスペシャルなステージなんダ。知ってのトオリ、ここのステージのいくつかはちょっと難しいかもネ…うーん…ああ、でもボクはキミならきっと上手くやれることを知ってるヨ! ゼーンブ、クリアしてみる気はないカイ? いくつかのステージではボクに会うことさえできるんだヨォ! クックック…だから、どう思うカイ…? 楽しい遊園地に入る準備はできたカイ? それじゃ、行コウ!

デデデ大王のデデデでデンZ 編集

「Wii」における出来事との関連性
作中では全く触れられていないものの、Miiverseにおけるスタッフルームの投稿から、後日談である可能性が考えられる。この作品では遊園地をモチーフとしたステージ上でプレイする事になるが、このステージは彼が作ったものであり、支配人も務めている。またアトラクション製作が彼の得意分野である事や、ローアの内部の様々な施設も彼の手によって作られたものである事が示唆されている。[3]

ボスとしてのマホロア 編集

マホロア
Magolor2.jpg
読み: まほろあ
初登場: 星のカービィ Wii
分類: ラストボス

星のカービィ Wii 編集

第1形態 編集

マスタークラウンを手に入れたことで強大な魔力を手に入れ、より魔術師らしい姿に変化。空間を操る能力を多用する。体力が残り僅かになるとリフバリアを5枚張り(格闘王への道ではこの場面はカットされる)、スーパー能力でしか削れない体力ゲージを生み出す。さらに、それを2枚砕くごとにスーパー能力を強制解除してくる。専用BGMは「支配してアゲルヨォ」。

エクストラモードに登場するマホロア EXについては「マホロア ソウル」を参照。

第2形態 編集

Magolor3.jpg

マホロア(第2形態)

マスタークラウンの持つ無限の力に呑みこまれ、異形の姿となったマホロア。ドラゴンのような翼に、黒い体、さらに口と思われる部分から眼球が出てくるなど、禍々しく変化したその外見はもはや当初の原形をとどめていない。 マホロアの存在も憎悪と執念の感情以外は完全にかき消されており、「マホロアの負の感情を実態化させた、マスタークラウンの力そのもの」というような状態で、クラウンを破壊して止めるしかない。

第1形態より空間を操る技を多用するほか、かつてのラストボスの使用技に類似した攻撃も持つ。さらに体力が半分以下になると、前述の通り、口と思われる部分から眼球が出現(スーパー能力攻撃を使用している間のみ)し、更にスーパー能力に類似した技も使う。

エクストラモードでは名前が「マホロア ソウル」となる。

専用BGMは「CROWNED」。

使用技 編集

共通 編集

魔力球以外は体力を一定まで減らすと使用。

魔力球
魔力の弾丸を数個飛ばしてくる。パターンが数種類あり、プレイヤーを狙って撃つものもある。第2形態は弾丸の数が増え、射出パターンも異なる。
マホロア砲
画面の下半分を埋める巨大レーザーを放つ。多段ヒットするため、まともに食らうとダメージが大きい。第2形態はより太くなり、さらにワープホールに撃ちだし、時間差で様々な場所から発射するタイプが加わる。 
ブラックホール
画面中央に巨大ブラックホールを発生させる。マルクのブラックホールと性質が似ているが、こちらは少しずつ吸い込まれるようになっており、ストーンの石ころへんしんやリーフのかくれリーフで無効化することができない。第2形態は吸引力が大幅に強くなる。
第1形態 編集
キルニードル
空間をゆがめて、地面から刺を伸ばす。前半は2連続だが、後半は3連続に、リフバリア展開後は単発に変化する。
レボリューションボウル
画面奥から青い火炎弾を5発放つ。
コーリングローパー[要出典]
標準より小さく攻撃範囲も狭く飛来速度も速くないスフィアローパー・紫を5体召喚する。軌道は1回転して飛び去るものと、蛇行しながら向かってくるものの2つがある。こちらの攻撃で相殺することはできない。
リフバリア
前述の通り、体力が僅かになるとリフバリアを5枚張り、スーパー能力による攻撃以外は一切効かなくなる。コピーできるスーパー能力は、ドラゴストームミラクルビームウルトラソード。5枚のリフバリアを全て破った後の、ウルトラソードでとどめをさす時には特殊な演出があるが、この際Wiiリモコンを振らなければならない[4]
第2形態 編集
キルニードルワープ
空間をゆがめて、地面からだけでなくいろいろな方向から棘を伸ばしてくる。後半になると使用しない。
コーリングショット
複数のザコ敵をお手玉しながら生み出し、お手玉された敵(出現する敵の種類は決まっている)がプレイヤーめがけて次々に飛んでくる。
第1形態から連戦で戦う場合は最初にコピー能力(ウルトラソード)が強制的に解除されるため、能力のコピーはここで行うしかないが、第1形態でスーパー能力を使う前にコピー能力を使っていた場合は、その能力持ちのザコ敵を一番初めに飛ばしてくる。
ワープホールアタック
画面を横切るようにワープホールからワープホールへ高速で2度突進してくる。後半は使用しない。
アナザーディメンション
画面奥で図形を描き(長方形を描き、両手をクロスさせると図形が出現)、それと同じ形状の結界を飛ばし、画面を分断。その直後に結界に電流を流し攻撃する。
ウルトラソード
2本の剣で交互に斬りつける。攻撃範囲が広い。
ミラクルビーム
マホロア自身がビーム球になって画面中を跳ねまわり、半周ほど移動すると画面奥から高速で突進してくる。
ドラゴストーム
炎の龍(カービィのドラゴストームと違い青黒)を水平に3回(最後の1回は2匹同時に)放つ。

星のカービィ 20周年スペシャルコレクション 編集

星のカービィ 20周年スペシャルコレクション』の「もっとチャレンジステージ」では、各レベルの最終ステージで彼と1対1のレース対決を行う。ルールはチャレンジステージに準じるが、最初に能力を選択可能(各レベルで使用した能力のみ)。マホロアより先にゴールしなければクリアにはならない。マホロアはザコ敵や魔力球、歯車を繰り出してカービィを妨害してくるほか、スコアコインも回収する。余談だが、カービィが不利な状況に立つ(ダメージを受ける、マホロアより順位が下等)と、以前の性格のためか笑顔になる。

Cut.png 以上でネタバレ部分は終了です。

説明文など編集

大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U
ある日プププランドの空にぼっかり穴が開き、
現れた宇宙船ローアが草原に不時着した。
船長のマホロアは無事だったが船のパーツが
プププランドのあちこちに落下したのだという。
カービィ達がパーツを集めて助けてあげると、
彼はお礼に、ハルカンドラへ案内してくれる。
ここまでなら、いい話。そう、ここまでならね。

トリビア 編集

  • ニンテンドー3DS内蔵ソフト『すれちがいMii広場』のうちの「ピースあつめの旅」の「星のカービィ 20周年」のパネルに、オリジナルのドットのマホロアが登場する。なお、このドットは『トリプルデラックス』のキーホルダーにも使われている。
  • 海外版『星のカービィ 20周年スペシャルコレクション』のカービィヒストリーには金のドットマホロアの像が置かれている。
  • ローア内でのマホロアの喋る言葉(いわゆる「マホロア語」)は安藤浩和の声を加工したもの。「カービィ」という単語だけは発音自体はそのままにしている。[5]
  • ローア内でマホロアに8回以上話しかけると、「カービィ〜、はやくボウケンにいってヨォ。ソウじゃなきゃキミにタスケテもらってるイミがないジャン!だからサッサとボクをタスケてネ!星のカービィ!」と少し怒り気味になる(他にもう一つパターンあり)。

他言語での名称 編集

言語名前意味・由来
英語 Magolor
Magic = 魔法 + Lor = ローア
スペイン語 Maglor
Magia = 魔法 + Lor = ローア

脚注 編集

  1. ^ Miiverse - イシダさんの投稿 2014/5/2
  2. ^ ポーズ画面には「虚言の魔術師」と書かれている。
  3. ^ Miiverse - イシダさんの投稿 2014/12/5
  4. ^ 仲間キャラの攻撃など、ウルトラソード以外でとどめをさす場合は振る必要はない。
  5. ^ 星のカービィ トリプルデラックス スタッフルーム 石田聡さんの投稿(2014/6/17)-「星のカービィ Wii」ではセリフの多いマホロアというキャラクターでは、サウンドスタッフの「狂花水月」という曲を作成した方の声を加工して作られています。英語でも日本語でもない、加工されたいわゆる「マホロア語」ですがごく一部…例えば「カービィ」という単語だけはそのまま発音する事で、リアルな言語感が出るように、細かな工夫もされています。(部分抜粋)

関連項目 編集


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki