FANDOM


マドゥー
Madoo3-1.png
星のカービィ3』のマドゥー
読み: まどぅー
英名: Madoo
能力: スカ
初登場: 星のカービィ3
分類: ザコ敵

マドゥーは、星のカービィシリーズに登場するキャラクター。

概要編集

魔道士のような外見をしており、空中を漂いながら左右に移動している。カービィを発見すると、点滅する岩の様な弾を落として攻撃してくる。

マドゥーが登場するマップには、この弾でしか壊せないブロックが必ず設置されている。クラウディパーク・ステージ6とアイスバーグ・ステージ5にのみ登場。


漫画におけるマドゥー 編集

Stub sec.png このセクションは書きかけです。加筆してくださる執筆者を求めています。

星のカービィ デデデでプププなものがたり編集

闇の行商人として登場。忘れた頃に姿を現し、カービィ達に不思議なマジックアイテムを売りつける。自身も魔法や呪術に精通している。「毎度おなじみ」という解説や台詞があるので、基本的に全て同一人物らしい。一人称は「私」だが、人前でない時は「おら」。因みに怖いものが苦手。

11巻 第1話『不思議カルタで、大騒動』
初登場。商人ということを意識してか、この回のみ関西弁で話す。正月のプププランドで玩具を売り歩いており、カービィ達には不思議なカルタを売った。
12巻 第4話『のろいのカービィ人形』
デデデ大王の依頼により、カービィを呪う為の人形を作った。試供品として作ったデデデ人形に呪いをかけたが、この人形が騒動の火種になってしまう。
13巻 第1話『追いかけっこで地獄いき!?』
誤って死なせてしまったカービィを生き返らせるべくデデデに呼ばれた。あの世からカービィの魂を連れ戻す方法として「誰かが一時的に死んであの世に行き、カービィを現世に連れ戻す」という手段を提案したが、肝心のデデデが不死身だった為、自身の霊力でデデデの魂を抜き出した。この術は本人曰く「魔法をたくさん使うんでしんどい」とのことで、できれば使いたくなかった模様。最後に現世に戻ったカービィとデデデが体を間違えて入れ替わってしまった時には呆れかえって「しばらくこのままにしとこか…」と呟いた。
尚、13巻の裏表紙にも姿を見せている。
14巻 第5話『カービィのしゃっくり花火』
カービィがしゃっくりと同時にバーニングボムを暴発させてしまうようになった為、びっくりさせてしゃっくりを止めさせようとなった時にポピーに呼ばれて登場。辺り一帯をホラーな雰囲気に変えたが、しゃっくり花火の暴発で逆に驚き、本気で驚かそうとする。が、内容が「巨大なひょっとこのお面を落とす」「キャピィの大群を行進させる」挙句の果てには「換気扇のファンの油汚れをびっくりするくらいキレイに落とすクリーナーの紹介」「カインが実は結婚していたというスポーツ新聞」といった微妙なものばかりであり、最後はデデデに詰め寄られた際に自身が怖がりであることを明かして去って行った。
14巻 第14話『カービィの子育て日記』
玩具を売り歩いていたところでカービィに出会い、「育てる粘土」を売った。
15巻 第5話『恐怖の!? きもだめし大会』
1コマ目に登場するのみ。
15巻 第8話『カービィの大冒険!!(前編)』、第9話『カービィの大冒険!!(後編)』
以前作った恐竜時代に通じるタイムトンネルを危険だという理由で封鎖していた。だがカービィ達がそのトンネルを通って恐竜時代に行ってしまった為、慌てて現代へ連れ戻した。
18巻 第9話『魔法の指輪にご用心!!』
デデデに依頼され、「あらゆる欲望をかなえる魔法の指輪」を作った。しかし、指輪を着けたデデデやカービィの欲望がしょっぱいものばかりだった上、最終的に指輪がデデデの鼻輪として封印されそうになったので「せっかく作ったのに、もったいない」と呆れ返っていた。
20巻 第5話『ドキドキ! リアル人生ゲーム』
「人生すごろくゲーム」があまりに危険だと判断し、回収していた。だがカービィ達が知らずにプレイしてしまい、彼らの行く末を見守ることになる。
20巻 第7話『消しゴムショック到来!?』
1コマのみ登場。価値が暴騰した消しゴムを、リアルダークマターへの賄賂にしていた。ここでは両者とも政治家ということになっている。
21巻 第2話『恐怖の占いにご用心!!』
モブを除けば最後の登場。妙な胸騒ぎを感じて水晶玉で占ってみたところ、「今晩9時に、空から落ちてきた光る物体がデデデを直撃する」というビジョンを見た為、急いでデデデに知らせる。

関連アイテム 編集

喧嘩独楽
自我を持ち、互いをぶつけ合って争う独楽。
福笑い
パーツが顔になり、大笑いする。
喋る羽子板
いろはカルタ
読まれた札を取ると、取り札に書いてあることが取った人の身に本当に起こる。しかも「火だるま」や「流星群」等、いやなことばかり。値段は「オマケして120円」。
呪いの人形
誰かを模して作られた精巧な人形で、モデル本人の涙を染み込ませると呪力を持ち、人形にしたことがモデルにも起こるようになる。劇中ではデデデとカービィの2体が登場したが、デデデ人形はひょんなことからカービィの手に渡り、カービィ人形は呪力を持つ前にグーイに強奪されてしまった。
呪いの例:人形の首を曲げると、モデルの首も曲がる。人形が凍り付くと、モデルは動けなくなる。
びっくり箱
開けると玩具の方がびっくりする。
折り紙
完成させると動き出す。
危機イッパツゲーム
刺されてもガマンして飛び出さない。
育てる粘土
マドゥー曰く「とっておき」。一見普通の粘土だが、こねると姿が変わり、こねた人と瓜二つの人形になる。そしてその内に自我を持って動き出し、モデルと同様の行動をするようになる。経験を積むに従って3回進化を行うが、育て方を間違えると不良になる。
タイムトンネル
マドゥーが本物の恐竜見たさに作った、恐竜時代に通じる魔法の洞窟。危険だと判断されて封鎖され、その内埋められる予定だった。
魔法の指輪
装着者のあらゆる願いを叶える指輪で、マドゥー曰く「これさえあれば、宇宙征服も夢ではない」という。しかし、あまり長く着けていると指輪の力に飲まれて正気を失う。指にはめる必要は無く、指輪を食べたカービィにも反応した。
人生すごろくゲーム
プレイヤー自身がすごろくのコマになり、止まったマス目に書かれていることが実際に起こる。しかも普段なら起こらないようなキツいことばかりな上、一度始めたらゴールするまで出られない。
水晶玉
マドゥーの意思に応じて未来を映す。マドゥー曰く「水晶玉の占いは外れたことが無い」とのこと。

画像 編集


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki