FANDOM


ボウキャック
読み: ぼうきゃっく
登場話: 第39話
分類: 忘れ魔獣
声優: 大本眞基子

ボウキャックは、アニメ「星のカービィ」に登場する魔獣

概要 編集

第39話『忘却のエスカルゴン』に登場。デデデが凶暴な魔獣と間違えて取り寄せた[1]。取り憑かれた者はすべての人から忘れられてしまう[2]。喋ることはできるが基本的に「ボウキャック」と鳴き、喋るときは独特の話し方になる。追い出す方法は、強い衝撃を与えること[3]カービィにも取り付いたが、本編終了寸前に吐き出された。その後、どうなったのかは不明[4]。名前の由来は「忘却」から。

脚注 編集

  1. ^ その時に読み上げた魔獣カタログの番号は「02T6」。実際のボウキャックの番号は「0279」。
  2. ^ 写真などを見ても思い出す事ができない程。
  3. ^ これによりエスカルゴンは、メタナイト卿の操作する機械に、殴られたり、振り回されたりした。
  4. ^ 第46話にサイレンの中に入った形で似たようなものが再登場しているが、本人ではないと思われる。

関連記事 編集


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。