Fandom

カービィWiki

ブロッキー

3,015このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
ブロッキー
Blocky3-1.png
星のカービィ3』のブロッキー
読み: ぶろっきー
英名: Blocky
能力: ストーン
初登場: 星のカービィ2
分類: 中ボス
魔獣

ブロッキーは、星のカービィシリーズに登場する敵キャラクター

概要 編集

サイコロのような四角い岩のような体を持つ。吸い込むストーンの能力をコピーできる。

登場作品 編集

星のカービィ2
カービィのブロックボール
ボールを3回当てないと倒せない。倒すとフリップに変化する(ストーン能力を得ることはできない)。
星のカービィ3
他の中ボス達と異なり、唯一アイスバーグ・ステージ6でのみの登場。
あつめて! カービィ
サブゲーム「カービィのたいけつ! ピンボール」にロロロ&ラララ戦の障害物として登場。
星のカービィ トリプルデラックス
中ボスとしてLv1「ファイン フィールド」のEXステージでブロッキー DXが初登場(通常版はLv4「ワイルド ワールド」ステージ4で初登場となり、本作の中ボスの中では最も遅い)。
今作はデザインが変更され、シンプルなブロックから石造りの建物の様な造形になり、目の形状や瞳の色も変化しているほか、体色が主に暗い紫色になっている。攻撃手段も別物と言えるような強化がなされている。強化版のブロッキー DXでは体色がごく薄い茶色となる。キーホルダーとしても登場。
星のカービィ ロボボプラネット
デザイン・性能共に『TDX』準拠だが、本作登場のキャラクターの例に漏れず、体の一部が機械化されている。強化版のRe:ブロッキーは『TDX』のDX版と同じカラーリングになる。

攻撃手段 編集

多くの作品
  • 前方へ大きくジャンプした後、垂直に落下する(3とTDXは2回の小さいジャンプで接近してから大ジャンプする)。着地時に吸い込み可能な瓦礫を両側に出す。
  • カービィ目掛けて高速で突進する。壁にぶつかると、吸い込み可能な瓦礫が出る。TDXは壁に衝突する直前に倒れ込む。
星のカービィ トリプルデラックス
  • 画面奥へ移動後にぬり壁の様な姿になり、一定時間追尾後に、マリオシリーズの「バッタン」の様に倒れ込んでくる。DXは3回連続(2回目以降は2回?)で倒れ込む様になるほか、1回ごとに追尾時間が短くなる。
  • ブロッキー DXは突進の際、ストーンの「ダッシュ石ころへんしん」の様に無敵化しながら滑り込む技に変わる。

アニメにおけるブロッキー 編集

ブロッキー
Ani-Blocky-1.JPG
アニメ第2話より
能力: ストーン
登場話: 第2話‎‎
分類: 魔獣
声優: 春林?(本編)
緒方賢一?(CM)

ゲームよりかなり大きく、普段は相撲取りのような格好をしており、あまりに重過ぎてカービィでもまともには吸い込めない。4体に分裂することもでき、分裂体はゲームと同じような姿をしているが、粉々になっても元通りに再生できる。また、デデデ大王の下に転送された当初は小さなブロック(デデデ曰く「日干しレンガ」)のような姿をしていた。分裂した内の一体をカービィ吸い込まれストーンコピーされた後に崖に誘導され、ブロッキーがカービィを攻撃したことで崖が崩れてしまい、海の中に沈んでしまった。

丸美屋の「星のカービィシリーズ」のCMでは、デデデ達からカービィ達の食事を奪うように指示される。しかし、ブロッキーはフーム達と共に食卓に着くことを選び、デデデ達が愕然とするというオチであった。

パイロット版アニメにも一瞬だけ登場したが、マスターグリーンからスパークをコピーしたカービィの電撃でイフリーティもろともダメージを受けているというものだった。こちらはゲームと同じような姿である。

トリビア 編集

HAL研究所から発売された、『エッガーランド』(ロロロとラララの元ネタのキャラクターが登場するゲーム)には、彼に似たキャラクターが登場し(名前はロッキー)、『あつめて! カービィ』のサブゲームでは、ロロロ&ラララや同ゲームに登場するアイテムとともに、ある程度の再現がなされている。

画像 編集


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki