FANDOM


バーニングボム
Burningbomb1
読み: ばーにんぐぼむ
英名: Fireworks
コピー元: バーニング + ボム
初登場: 星のカービィ64

バーニングボム は、星のカービィ64におけるコピー能力ミックスの一つ。英名は「Fireworks(ファイアワークス)」(花火)。

概要編集

自分を中心に花火を爆発させ攻撃。連続でボタンを押すと3段階まで花火の範囲を大きくすることができる。3発目は、中心のオレンジ色の花火に加え、周りに赤、青、緑の小さな花火を6つ放つため攻撃判定が広い。3発目の発動後は、煙を上げながら墜落し、地面に着地するまで攻撃不能となる。

漫画におけるバーニングボム 編集

星のカービィ デデデでプププなものがたり 編集

14巻 第5話「カービィのしゃっくり花火」に登場。

花火大会が終わったことを惜しんだカービィボボミックンを吸い込んでコピー。しかし、自分が花火になってもそれを見て楽しむことができないと気づき、ボボ達を吐き出そうとしたが、行方不明になっていた。翌朝、しゃっくりで花火が暴発するようになり、何とかしゃっくりを止めようとする。しかし、何を試してもしゃっくりは止まるどころか酷くなるばかり。そこでクーがカービィに毛虫を見せると、パニックのあまりボボ達を吐き出した上にしゃっくりも収まり、事態は沈静化した。

画像 編集

関連記事 編集

外部リンク 編集