FANDOM


ティンクル★ポポ
Tinklepopo
当時の未発表広告
読み: てぃんくる ぽぽ
英名: Twinkle Popo (仮)
ジャンル: アクション
対応機種: ゲームボーイ
プレイ人数: 1人
発売日: 初代星のカービィへ移行
開発元: HAL研究所

ティンクル★ポポは、ゲーム作品「星のカービィ」の前身となったゲームボーイ用のアクションソフト。

概要 編集

Stub sec このセクションは書きかけです。加筆してくださる執筆者を求めています。

開発当初、『ティンクル★ポポ』と呼ばれる前は、『はるかぜポポポ』というタイトルで呼ばれていた。1992年1月下旬、3,500円にて発売予定で、26,000本の仮注文を取っていた[1]。しかし、試作品を任天堂と宮本茂に見せたところ、キャラクターデザインなどを調整した後、発売元を任天堂とすることが決まり、「ティンクル★ポポ」の発売は中止された。宮本は、「ティンクル★ポポ」では何となくサンリオを想像してしまうのでダメだと止めたという。[2] 開発当時の主人公キャラクターの名前「ポポポ」の変更に伴って、ゲーム名も「星のカービィ」に変更となった。(主人公の名前変更の経緯についてはカービィの名前の由来を参照。)

ゲームグラフィックは、星のカービィのものと同一のものである。また、「星のカービィ」として再開発する際、ROM容量が2倍になったためエキストラゲームが追加されたが、ゲーム内容が変わったわけではないという。[3][4]

『ポポポはポップで奥が深い』、『覚えやすい名前でしょ。ぼく、ポポポ。』がキャッチフレーズ。

ステージ 編集

基本的なステージ構成は『星のカービィ』と同じであるが、敵キャラクターの名前が違う物が居る。
ステージ1 GREEN GREENS
バスターウドォ(ウィスピーウッズ)
ステージ3 FLOAT ISLANDS
ダムダムブルグ(カブーラー)

画像 編集

脚注 編集

参考リンク 編集


Sleep この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください! 画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。