FANDOM


Non kirby この記事は星のカービィシリーズに関連しない事も含まれる事柄についての記事ですが、カービィWikiではカービィ関連についてしか記述していません。また、編集の際はカービィに関連しない方面へ内容を発展させないようにしてください。

スーパーファミコン[1] (Super FamicomSFCSF)は、任天堂が開発・発売した据え置き型ゲーム機。日本での発売は1990年11月21日で、発売当時のメーカー希望小売価格は25,000円[2]。海外ではSuper Nintendo Entertainment System(SNES)という名前で発売された。

カービィが出演するゲーム 編集

ゲーム内容の詳細についてはそれぞれの記事を参照のこと。

カービィボウル (1994年9月21日発売)
ゴルフとビリヤードを合わせたようなアクションゲーム。
星のカービィ スーパーデラックス (1996年3月21日発売)
初めてコマンド入力によってコピー能力で多彩な技が出せるようになったアクションゲーム。
カービィのきらきらきっず (ニンテンドウパワー書き換え版1998年2月1日、ROMカセット版1999年6月25日発売)
GB版をアレンジしたパズルゲーム。
星のカービィ3 (1998年3月27日発売)
星のカービィ2の要素をいくつか受け継いだアクションゲーム。スーパーファミコンJr.と同時発売。

海外でのカービィが出演するゲーム 編集

Kirby's Avalanche[3] (北米 1995年2月2日発売)
ぷよぷよをベースにしたパズルゲーム。

カービィに関係するゲーム 編集

ハイパーゾーン (1991年8月31日発売)
リップルフィールドハイパーゾーンのステージ名の元ネタ。マルクのシード攻撃の様な障害物も見られる。
カードマスター リムサリアの封印 (1992年3月27日発売)
オープニングにカービィらしきキャラが登場。また、ペイントスライムのモデルと思われるキャラクターも登場する。あつめて! カービィカービィマスターの元ネタ。
ワイルドトラックス (1994年6月4日発売)
カービィの描かれた看板が登場する。
MOTHER2 ギーグの逆襲 (1994年8月27日発売)
デバックモードのカーソルがカービィ。

脚注 編集

  1. ^ ファミコンの正式名称がファミリーコンピュータなので、全く省略しなければスーパーファミリーコンピュータ (Super Family Computer)というのが正しいのだが、任天堂はスーパーファミコンで正式名称としている。
  2. ^ 最終的に9,800円まで値下げが行われた。また、スーパーファミコンJr.のメーカー希望小売価格は7,800円。
  3. ^ SNES専用ゲーム。

関連記事 編集

外部リンク 編集