FANDOM


ゴールゲームは、カービィがステージなどをクリアした時にプレイすることが出来るミニゲーム。

概要 編集

ゴールゲームの内容は作品によって異なるが、ほとんどが1つのボタンで出来て、その押すタイミングが重要なものである。ゴールゲームの結果によって、スコア・アイテムなどがもらえたりする。

カービィシリーズにおけるゴールゲーム 編集

星のカービィ 夢の泉の物語星のカービィ 夢の泉デラックス
下にある雲を踏み台にし、ボタンを押してジャンプする。押す時の雲の高さが低いほど高く飛ぶ。着地した所によってもらえるスコアが変わり、一番上だと1UPがもらえる。また、FC版・GBA版ともに、7→6→…→2→1の順に着地すると30UPが手に入る(3Dクラシックスでは不可能)。
サウンドトラックに収録されている「カービィ・メドレー」の歌詞中にある、雲でボヨヨンとはおそらくこのゴールゲームのこと[1]
星のカービィ2
名称はジャンピングボーナス[2]。『夢の泉の物語』と同じく、雲を踏み台にしてジャンプする。スコアの代わりに、敵や回復アイテム、1UPが置かれている。下から、ブロントバートブルームハッターワドルディ元気ドリンク星のかけらマキシムトマト1UP
また、雲に着地する前までに↑↓↑Aと入力すると、強制的に一番上まで跳ぶことが出来る。
星のカービィ スーパーデラックス星のカービィ ウルトラスーパーデラックス
白き翼ダイナブレイドのみ存在する。名称はボーナスチャンス[3]カービィ大砲に入って発射し、敵を倒していく。ゲージがたまっているほど飛距離が伸びて、発射してから着地した距離によりスコアや1UPがもらえる。最大3UP。ヘルパーが2Pのときは、ヘルパーも別に飛距離を決めることができる。
星のカービィ3
カービィが立ち幅跳びをし、着地した所にあるアイテムを取る。ボタンを押したときのカービィの構えにより、飛距離が変わる。2Pプレイ時はグーイも参加できる。また、アイテム群を差し替えたもの(J)がミニゲームにある。余談だが、ジャンプする前の動きは「のびのび運動」でリラックスしているもの。
星のカービィ64
Aボタンで向き・飛距離を決めてシートの上にあるアイテムを取る。着地地点によってはアイテムが取れないこともある。アイテムの中にはカードがあり、コレクションにすることが出来る。
星のカービィ 鏡の大迷宮
ゴールの扉があり、そこからゴールゲームに突入。十字キーでワープスターに乗ったカービィを動かし、アイテムを取る。
タッチ! カービィ
タッチダッシュとインク量が限られたラインを使い、出来るだけ遠くに飛ぶ。ポイントスターがもらえ、着地地点が遠いほど多くもらえる(100cmごとに10個。ただし、100cm未満の場合1個、3300cm以上の場合900個)。最大3319cm。海外版では単位がcmではなくインチ(in)になっている(記録自体は同じ(例えば100cmなら海外版は100in))[4]。なお下の表は、スタートから何もせずに放置した時の記録である。
カービィボール 217cm
ワドルディボール 300cm
デデデボール 214cm
メタナイトボール 237cm
ワドルドゥボール 290cm
星のカービィ 参上! ドロッチェ団
8方向に回るふっとばし大砲に入り、ボタンを押すと発射する。飛んだ向きにあるアイテムが取れる。
星のカービィ Wii
夢の泉の物語』などと基本的に同じで、到達できた高さに応じてポイントスターがもらえる。複数人プレイ時は、参加者全員が同じ高さに到達すると「ゾロ目ボーナス」が発生する。また、『夢の泉の物語』と同様に、7→6→…→2→1と着地すれば30UPが貰える。
星のカービィ トリプルデラックス
『SDX』・『USDX』の白き翼ダイナブレイドのボーナスチャンスが、画面奥側に飛ぶようになった感じで、遠くに飛ぶほどポイントスターとたべものが貰える。1に着地するとポイントスターx30・マキシムトマトキーホルダー1コを貰うことが出来る。また、本作でも7→6→…→2→1の順に着地すると、30UPを貰う事が出来る。この際、カービィダンスのBGMが『初代』のGB音源の物に変わる。出てくる敵キャラは7の方から、ブロントバートピアススカーフィフォーリーディングルバードン
星のカービィ ロボボプラネット
システム面は前作と一緒。30UPも健在。出てくる敵キャラは7の方から、ブロントバートプロペラワドルディプロペラーエレックカプセルJ3グランドプロペラー

ゴール地点がゲームのようになっているもの 編集

ゴールゲーム的要素そのものがステージのゴールとなっている作品。それぞれにゴールゲームという名称はない。

コロコロカービィ
ゴールステージ[5]の着地地点が真ん中に近いほど高得点を取れる(中心は1UP)。
毛糸のカービィ
ゴールベルをタイミングよく鳴らし、円盤型のゴールルーレットを止める。止まった目に応じてビーズがもらえる。もらえるビーズの数は出た目の数×100個となっており、例えば2の目で止めることができた場合は200個である。

画像 編集

脚注 編集

  1. ^ 「星のカービィのひみつがわかる本」p.50では、雲でボヨヨーンという表記がある。
  2. ^ VC版取扱説明書
  3. ^ 取扱説明書 p.18
  4. ^ そのため最低距離8cmがカービィのサイズ(約20cm)に割と理に適っていたのだが、海外版だと8in=20.3cm程度になってしまう。
  5. ^ 取扱説明書 p.32




Sleep この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください! 画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki