FANDOM


グランドローパー
グランドローパー
読み: ぐらんどろーぱー
英名: Grand Doomer
初登場: 星のカービィ Wii
分類: 大ボス

グランドローパーとは、星のカービィシリーズにおける大ボスである。

概要 編集

スフィアローパーの親玉で、色は金色。体の大きさ、角や尾の数も多く、尾の数は13。

登場作品 編集

星のカービィ Wii
レベル5「ナッツ ヌーン」のボスで、ポップスターでは最後のボス。
戦闘前にはマストのパーツがあり、これを取って終わりかと思いきや、突如マストを取り込んで姿を現すと言った演出も見せる(スフィアローパーも同じような登場のしかたをするが、あちらは取得ではなくスフィアに接近すると姿を現す)。
スフィアローパーの親玉というだけあり、スフィアローパーの攻撃を強化したような技を多数持つ他、オリジナルの技も備える。
体力がわずかになるとカバードスフィアと呼ばれる防御装甲を纏い、スーパー能力ウルトラソードでしか削れない体力ゲージを生み出す。
エクストラモードに登場するグランドローパー EXは、体の色が赤黒く変化している(スフィアローパーと違い、一つ目にはならない)。
格闘王への道真・格闘王への道
ランダムで現れるボスの1体として登場。ただしカバードスフィア状態にはならず、スーパー能力で戦う場面と登場時の演出はカットされている。「真・格闘王への道」ではグランドローパーEXとして登場。マストは取り込んでいない。

使用技 編集

通常形態 編集

グライド体当たり
スフィアローパーに準ずる。戦闘後半は速度が上昇し、新たに画面奥からのパターンが追加される。EXははじめから後半の速度になっており、後半は更に速くなる。
ディメンションホール
画面奥の4つの黒い影に潜み、4つの内3つは消えて、残ったプレイヤーに最も近い影から飛び出す。EXでは影は消えず、3回連続で飛び出す。
ディメンションアッパー
床上の黒い影に潜り込んで左右に移動。移動中に近づくと捕獲する攻撃になる。一定時間経過、又は、脱出時に垂直に飛び出す。EXでは影が大きくなり、移動速度が上昇する。マルクのシャドウアッパーに酷似している。
エナジー弾・ビッグエナジー弾
様々なパターンでエナジー弾を撃ち出す。吸い込めるがコピーはできない。攻撃で消せる。
がんばり吸い込みが必要なビッグエナジー弾を撃ち出すこともある。(ノーマルは4つ、EXは1つ(後半は2つ)落とす。)このビッグエナジー弾は着弾して一定時間たつと、ノーマルでは爆発、EXでは破裂と同時に左右に電撃弾を放つ(スフィアローパー(緑)に準ずるものだが、電撃弾の色は緑ではなく黄色)。ノーマルは後半になると使わなくなる。
バーニングアタック
EXのみ使用。スフィアローパー(赤)に準ずる。ただし、体の大きさの関係で当たり判定も大きい。また、突進速度もスフィアローパー(赤)よりも速い。
エナジーマシンガン
体力を一定まで減らすと使用。画面奥からマシンガンのようにエナジー弾を連射する。EXでは弾速が跳ね上がり、かつ1往復する。
アイスクラッシュ
EXのみ使用。スフィアローパー(銀)に準ずる。ただし、1度に3連発ではなく、移動しながら1発ずつ放ってくる。

カバードスフィア状態 編集

エネミーコーリング
テレポートしつつ3体のザコ敵を召喚する。出てきたザコ敵は時間が経つと退場する。2回目以降はウルトラソードをコピーしていない場合に限り、スーパーブレイドナイトを召喚する。EXではスカーフィ、ゴルドー、アーマーワドルディが、召喚する敵の候補に加わる。
ボールプレス
カバードスフィア状態時の主要技。画面奥からバウンドしながら接近し押しつぶす。装甲が限界に近づくにつれ、攻撃速度が少しずつ上がっていく。ドロシア ソウルのバウンド ポンドに酷似する。
バーニングアタック
EXのみ使用。画面奥出現時に左右どちらかに消え、消えた方向から炎を纏って突進してくる。この時も攻撃は可能。ドロシア ソウルのデッドリー サンに酷似する。

スペシャルページの説明文 編集

グランドローパー
スフィアのもつ、ジゲンをこえる
エネルギーに ひきよせられて
ポップスターにやってきた
むすうの スフィアローパーたち…
そのおやだまが、とうじょうだ!
グランドローパーEX
せかいに むすうにちらばった
スフィアの エネルギーによって、
あちこちに いくうかんの あなが
できてしまう…その1つから、
グランドローパーが やってきた!

関連項目 編集


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki