FANDOM


クロウエモン
読み: くろうえもん
登場話: 第87話
声優: 飛田展男

クロウエモン[1]とは、アニメ『星のカービィ』に登場する魔獣

概要 編集

第87話に登場。左目に傷跡、頭がはねているのが特徴のカラスのボス。見た目は偉そうだが子分想いでエサを分け、食べさせる場面も。第23話で登場したエスケル魔獣黄帝液を誤って飲んでしまい魔獣となり、仲間をテレパシーで操った。

魔獣化する前 編集

デデデ城デデデに「エサを分けてやる」と言われ子分とともにデデデ城から出たゴミを食べていた。しかしエサが少なくなり彼に抗議したところ、「穴場は他にある」と言われての食糧やゴミを食べるが、カラスの行動に怒った住民に追い出される。ゴミ捨て場らしい場所でゴミの中にあったエスケル魔獣黄帝液を飲み、魔獣になってしまう。

魔獣化した後 編集

魔獣になった後は子分たちと共にダイナブレイド親子以外の鳥をテレパシーで操り、住民を襲ったり町の施設を壊したりするなど、やりたい放題であった。更にはダイナベイビーをさらい、人質にとってダイナブレイドを脅迫し、いいように痛めつける。だがカービィがベイビーを助けたことでダイナブレイドに反撃されて、その影響で薬の効力が切れて元のカラスに戻った。その後もカラスのボスとして平和に部下と暮らしている。

脚注 編集

関連記事 編集


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。