FANDOM


ギャラクシアとは、アニメ『星のカービィ』でメタナイト卿が所持する宝剣。後に、ゲームにも登場するようになった。

概要 編集

アニメ『星のカービィ』でメタナイトが所持する剣。名称は第60話「宝剣ギャラクシア!」で初めて登場した。普段は刀身が無く、抜刀した時に稲妻を伴って形成される。力のある者のみ所持する事を許され、力の無い者がギャラクシアを手にすれば命を落とす事もある。カブー曰く、現在メタナイトの手にあるからこそ、ナイトメアの宇宙制覇の野望が果たされずにいるという。金属でありながら意識と知性を持つ生命体でもあり、テレパシーのような形で他者に語りかけることもできる。声優は長嶝高士

出自と来歴 編集

5万年前、光の種族である「フォトロン」が長い年月をかけて鍛造した。だが、ギャラクシアはナイトメアの手に渡り、銀河戦士団に取られぬよう魔獣キリサキンが守っていた。メタナイトとガールードは魔獣キリサキンからギャラクシアを奪還すべく、立ち向かう。だが、ガールードはその最中に戦死し、以後はメタナイトが武器として所持している。

主な登場エピソード 編集

第26話 忠誠! ソードとブレイド
過去にソードブレイド達を襲った魔獣チリドックデデデ城に現れる。チリドックの攻撃により意識を失ったメタナイトを助けるために、過去の記憶を頼りにソードとブレイドはチリドックを川へと誘い込む。カービィはギャラクシアをコピーし、ギャラクシアを手にしたソードカービィとなり、そのソードビームにより、チリドックを粉砕する。
第60話 宝剣ギャラクシア!
ギャラクシアという名称が初めて登場。ガールードの娘であるシリカが、母はメタナイトに殺されたと思い込んで、プププランドにやって来て敵討ちをしようとする。だが、ギャラクシア自身から語られる真実を知ったシリカは、繰り出された魔獣キリサキンを倒すべく、ギャラクシアをカービィに渡す。最後はソードカービィの放った「ギャラクシアソードビーム」によりキリサキンは倒される。

ゲームでのギャラクシア 編集

ギャラクシア
Gyarakusia
読み: ギャラクシア
初登場: アニメ
スマブラX(ゲーム初登場)
USDX(カービィシリーズ初登場)
あつめて! カービィ(敵として初登場)
大乱闘スマッシュブラザーズX
メタナイトの最後の切り札が「ギャラクシアダークネス」である。ゲーム中にギャラクシアという名称が登場したのはこれが最初。以後、メタナイトの剣はゲーム中でもギャラクシアと呼ばれるようになる。
星のカービィ ウルトラスーパーデラックス
メタナイトでゴーDXにおいて、下画面にギャラクシアが描かれている。
毛糸のカービィ
インテリアの一つに「ほうけんギャラクシア」が登場。つるぎのワッペンもギャラクシアのデザインである。
あつめて!カービィ
カービィマスター第4章で特殊な条件を満たすと、STAGE39で本来登場するメタナイトと入れ替わって敵として登場する。HPは2500。隕石を落として攻撃してくる。それに勝利すると、ギャラクシアに力を認められ、ギャラクシアを入手、STAGE40のダークマター戦でMARVELOUSを出すとギャラクシアソードビームを放ち、相手に9999のダメージを与える事が出来る。
星のカービィ ロボボプラネット
ゲームモードの1つメタナイトでゴー リターンズにメタナイトの必殺技の1つとして、「ギャラクシアダークネス」がスマブラシリーズより逆輸入された。