FANDOM


ガードは、カービィのアクションの1つ。

概要 編集

星のカービィSDX』と『星のカービィUSDX』、『Wii』、『カビコレ』、『星のカービィTDX』『星のカービィ ロボボプラネット』の現在6作品で使うことができる。LボタンまたはRボタン(Wii、カビコレではAボタン)を押すと行える。敵の攻撃を防ぐ。ただし、敵の攻撃の中にはガード不能[1]のものも存在する(デデデ大王の吸い込み、メタナイトの竜巻斬り、マルクのブラックホール等)。

また、ガードけずり[2]の技も存在する。ガードけずりの技は、ガードは出来るものの、通常より少ないダメージを受けてしまう(デデデ大王のハンマー攻撃等)。ただし、ガードけずりの技の中にはガードした方が大きなダメージを受けてしまうものも存在する(マスクド デデデのデデデトルネイド等)。

ガードしている時に敵に触れると、その敵に1ダメージ与えられる[3]

ガードが使えるゲーム 編集

星のカービィ スーパーデラックス
ガードが初めて使える様になった作品。
星のカービィ ウルトラスーパーデラックス
ガードけずりの技を食らった時にも下画面に「いてっ!」が表示される様になった。
星のカービィ Wii星のカービィ 20周年スペシャルコレクション
これまでの作品よりガードけずりされる技が増え(ザコ敵の攻撃は完全防御できる)、中ボス・ボス本体への接触時のガードは必ずガードけずりされるようになっている。
星のカービィ トリプルデラックス
Wii』に比べるとガードけずりされる技が減り、スーパーデラックスのガードの仕様に近くなった。また、ガード中に十字ボタンを押すと「そのばかいひ」ができる。
星のカービィ ロボボプラネット

その他 編集

  • 大乱闘スマッシュブラザーズシリーズカービィがシールド防御をしたときのポーズは、ガード時のポーズと同じである。
  • カビコレ』付属ブックレットによれば、『SDX』の開発時には、ガード状態で身動きが取れなくなると爆発して攻撃する「ガードボム」が考えられていたが実用されなかった。

脚注 編集

  1. ^ 『任天堂公式ガイドブック 星のカービィ ウルトラスーパーデラックス』小学館 p.155
  2. ^ 『星のカービィ ウルトラスーパーデラックス ザ・コンプリートガイド』小学館 p.101
  3. ^ バトルウィンドウズ戦で確認出来る。
Sleep この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください! 画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。