Wikia

カービィWiki

カービィボウル

トーク0
2,660 件の記事が
このウィキにあります
カービィボウル
KDCpackage
日本版パッケージ表面
読み: かーびぃぼうる
英名: Kirby's Dream Course
品番: SHVC-CG
RVL-KB(Wii VC)
WUP-JASJ(Wii U VC)
ジャンル: アクション
対応機種: スーパーファミコン
プレイ人数: メインモード:1人
対戦モード:2人
発売日: Flag japan:1994年9月21日
Flag usa 1995年2月
Wii VC
Flag japan: 2007年4月24日
Wii U VC
Flag japan: 2013年5月8日
価格: 7,900円(税別)
VC: 800ポイント[1]
開発元: HAL研究所
発売元: 任天堂

カービィボウルは、スーパーファミコン対応ゲームソフト。星のカービィシリーズの第4作目にあたる。

概要 編集

Stub sec このセクションは書きかけです。加筆してくださる執筆者を求めています。

このゲームではカービィはボールとして登場する。ゴルフとビリヤードが合わさったようなゲームで、プレイヤーはカービィをショットさせて敵キャラクターを倒し、カップインすることでコースを進めていく。

ちなみにカービィボウルの海外版は、オープニングでカービィがホールから出てくる演出がなく、タイトル画面も違うものとなっている。

ルール 編集

プレイヤーはボールのカービィをゴロ、フライでショットさせる。ステージ上には何体かの敵が配置されており、ぶつかることで倒すことができる。最後に残った1体がゴールのカップに変わり、そこにカービィをカップインさせることでステージクリアとなる。

画面下には残り体力を示すマキシムトマトで表されたメーターがあり(1Pゲームでは全回復状態で4つ、2Pゲームでは6つ)、1ショットするたびに1つずつ消耗していく。ただし、敵を1体倒すか、ゴールにカップインすると1メーターずつ回復させることができる。メーターがなくなるとカービィの残り残機が1つ減る。さらに残機が0になった地点でゲームオーバーとなる。OBする(ステージ外に出る)と落下し、残りメーターは一気に0になる(つまり残機が1つ減ってしまう)。1発目で敵を全て倒しカップイン(ホールインワン)すると1UPする。

ショット中、カービィが地面と接触している時や瞬間にAボタン(「がんばれボタン」)を押すとカービィが少し頑張り移動距離や跳ねの高さが伸びる。 ある特定の敵を倒すとコピー能力が手に入り、その特性を活かしたショットができるようになる。ショット後、使用したい場面でBボタンを押すと能力が発動する。現在持っているコピー能力は画面左下の「コンディションパネル」に表示される。コピー能力は1ショット中一度しか発動できないが、そのショット中新たに能力持ちの敵を倒した場合、その能力を再度発動することが可能。カップイン時に保有していた能力は次のホールへ持ち越すことが可能。

プレイする上ではいかにショットを正確に行えるかということだけにとどまらず、体力にも気を配り、地形・バンバーや「やくもの」による軌道変更の計算、ショット中のコピー能力の発動タイミングなど様々な要素において技量を問われるため、戦略性は非常に奥深い。また、ハイスコアを狙う上では敵の打倒順序を考えてどのコピー能力を次ホールへ持ち越すかということも重要であるため、各コース内でホール間の関連性が非常に強く、たった一つのミスがそのホールのみならず後のホール攻略にも大きく響いてしまうため、1Pゲームの全コースで金メダルを取るとなると非常に難易度が高い。

1PLAY GAME 編集

コースは全部で8つあり、それぞれに8つのステージ(ホール)が用意されている。最終ボスは9コースのデデデ大王(詳細は後述)。 各ステージでは合計打数に応じて金・銀・銅のメダルが入手できる。

なお、どのホールも全て3打以内でのカップインが可能となっている。1人用モードは2010年6月現在、Tool Assistを使ったプレイにより、全128ホール中123ホールで、ホールインワンがされている。

2PLAY GAME (対戦モード) 編集

1Pはピンクのカービィ、2Pは黄色いカービィを操作する。自分の色の星を集め、全ステージが終了した地点で星の数が多かった方が勝ち。星は、敵キャラを1体倒すと1つ、ゴールにカップインすると2つ得ることができる(その場所に自分の色の星が残る)。また、相手の色の星に触れるとその星を自分の色に変えることができ、戦略次第では一発逆転も可能。対戦モードでは、全部で4つのコースで遊ぶことができる。それぞれのコースは8つのホールから成り、始めのホールでの先攻後攻はゲーム画面上でサイコロを振って決める。ショットの飛びにくさなどのハンデを設定することも可。

2Pゲームでは、落下してもバイタリティが2つ減るだけである。またバイタリティを使い切っても1回休みとなるだけでゲームは続けられる。

コース 編集

  • ウィスピーウッズのコース
  • Mr.シャイン&Mr.ブライトのコース
  • クラッコのコース
  • ゴルドーのコース

ストーリー 編集

あるプププランドの夜、カービィが窓から空を見上げると星が1つしかないことに気づく。心配そうに寂しい夜空を見上げていると、そこにデデデ大王が飛んできて最後の星を奪っていってしまった。星たちがいなくなったのはデデデ大王の仕業だったのだ。プププランドの夜空の星を取り戻すためにカービィは旅に出るのであった。

登場キャラクター 編集

Stub sec このセクションは書きかけです。加筆してくださる執筆者を求めています。
キャラクター
能力を持つ敵

能力を持つ敵を倒すとその敵の能力をコピーでき、Bボタンで能力を発動させることができる。括弧内はその敵が持つ能力。

能力を持たない敵
特殊な敵
ラストボス
その他、ランキングのデフォルトネームにはメタナイトポピーブロスJr.ボンバーバウンダーゴルドーが描かれている。

ヤクモノ 編集

Ball ogb p10

公式ガイドブックのヤクモノ紹介欄

詳細は「ヤクモノ」を参照。

エキストラコース 編集

エキストラモード#エキストラモードをプレイ出来るゲーム」を参照。

ノーマルコースの全てのコースで銀メダル以上を取ると、敵ややくものの配置が変更されて難易度が上がっているエキストラコースが遊べるようになる。 また、ノーマルコースの全てのコースでメダルを取ると、2Pモードのエキストラコースが遊べるようになる。

デモプレイ 編集

タイトル画面のメニューで「DEMO PLAY」を選ぶと、デモプレイが見ることができる。操作方法・テクニック・コピー能力の特性について20のデモプレイが用意されており、それらを通じて解説付きで分かりやすく説明されている。また画面左上にはデモプレイの操作と同期しボタンが光るコントローラの画像が表示され、デモプレイが実際にどのようにして操作されているのかが視覚的に分かるようになっている。

デモプレイ集の解説文の一覧はカービィボウルのデモプレイの解説一覧の記事を参照。基本的にひらがな・カタカナ表記の文章だが、「上」、「十字」などの漢字もみられる。

ファイルセレクトのお絵かき 編集

ファイルセレクト画面で新規にゲームを始めるとネームエントリー画面が表示され、自分のファイルを象徴するドットイラスト(「プレイヤーサイン」と呼ばれる)を打つことができる。登録したイラストはゲームプレイ中に画面下に表示される他、ランキングにも名前欄に表示される。色は白、黒(実質白が実線、黒が背景)のみで、鉛筆モード(Aボタン、色は白色)と消しゴムモード(Bボタン、色は黒色)とがある。「CLR」ボタンの上でAボタンを押すと全消しすることができるが、Bボタンで押すと色を反転させることができる。また、L、Rボタンであらかじめ登録されているイラストを好きな場所に貼り付けることもできる。「OK」ボタンをAボタンで押すと決定、Bボタンで押すとキャンセル。また、一度登録した後でも、LもしくはRボタンを押したままファイルを選択することで描き直しができる。あらかじめ登録されているイラストは、大きい丸、小さい丸、マキシムトマト、1UP、無敵キャンディー、小さい星、カービィの顔の7つ。

追加されるモード 編集

1Pモードのメダルを集めることによって、エキストラコース以外に次のようなものも追加される。

  • サウンドテスト - エキストラコースで全て銅メダル以上にする。
  • ダンスセレクト - エキストラコースで全て銀メダル以上にする。1Pモード、2P対戦のカービィダンスを全部見ることが出来る。
  • マップセレクト - 1Pモードの好きなホールを選んでプレイできる。ノーマルコースまたはエキストラコースでメダルを全て金にすると、それぞれのコースのマップセレクトが登場する。

音楽 編集

Stub sec このセクションは書きかけです。加筆してくださる執筆者を求めています。

作曲は安藤浩和。『星のカービィ 夢の泉の物語』からのアレンジ曲もある。

サウンドテスト (サウンドルーム) 編集

Stub sec このセクションは書きかけです。加筆してくださる執筆者を求めています。

エキストラコースの全てのレベルでメダルを獲得すると、タイトルメニューに『SOUND ROOM』が追加される。以下、SOUND ROOMで聴くことのできる曲のリストを記す。

曲名に「(仮)」と付く楽曲は、便宜上、当Wikiで付けられたもので公式タイトルではない。

No. 曲名 使用箇所 備考
00 -  ? 無音
01 カービィダンス (仮) メダルを取得 -
02 エンディング[3] エンディング(スタッフロール) -
03 - タイトル画面 ↓の直前に流れる
04 タイトル[3] タイトル画面 -
05 オープニング (仮) オープニング -
06 結果発表 (仮) ランキング
デモプレイセレクト
マップセレクト等
-
07 - 2-1~7
7-5~7
シャイン・ブライトコース 5~7
ヨーグルトヤード」アレンジ
08 - 1-5~7
ウィスピーウッズコース 1~4
フロートアイランズ」アレンジ
09 - 5-5~7
シャイン・ブライトコース 1~4
-
10 - 6-1~7
クラッココース 5~7
-
11 - 5-1~4
7-1~2
VSウィスピー後半
-
12 - 1-1~4
3-1~7
7-3~4
クラッココース 1~4
-
13 コース8:雪ステージ[4] 8-1~7
ゴルドーコース 5~7
-
14 - 各コース第8番ホール(最終ホール) -
15 - 4-1~7
ゴルドーコース 1~4
-
16 クリアダンス (仮) コースクリア -
17 コンティニュー (仮) コンティニュー画面 -
18 ミス1 (仮) ボールを失う おなじみのやられた音
19 ミス2 (仮) ボールがコース外に落ちる おなじみのやられた音
20 コースクリア (仮) スコア表示(コース終了時) -
21 2 PLAY GAME (仮) 2プレイゲーム コースセレクト -
22 コースイントロ (仮) コースデモ画面 バブリークラウズ」(イントロ)アレンジ
23 メニュー (仮) メンバーズリスト画面 -
24 マップ (仮) 1プレイゲーム コースセレクト -
25 ホールクリア (仮) スコア表示(ホール終了時) -
26 カップイン (仮) カップイン -
27 ホールインワン (仮) ホールインワン -
28 デモプレイ (仮) デモプレイ -
29 VS.メカデデデ1 (仮) メカデデデとの対戦 -
30 VS.メカデデデ2 (仮) メカデデデとの対戦 (デデデに近寄られる) -
31 デデデステージ (仮) デデデ大王との対戦 (対戦開始) -
32 大勝利 (仮) デデデ大王との対戦に勝利 -
33 ゲームオーバー (仮) ゲームオーバー -

開発の経緯 編集

カービィボウルは、「Special Tee Shot」というゲームを元としている。後に、「Special Tee Shot」はサテラビューで配信された(詳しくは後述)。またカービィボウルは開発段階では「スパークリングショット」という名称で作られていたが、「Special Tee Shot」が先なのか、後に名称が改変されてSpecial Tee Shotになったのかは不明である。[5]

開発当初は、打つ方向と角度を自由自在に選択でき、マーカーが表示される軌道の通りに正確に打つことができれば、ベストな軌道で容易に打つことができてしまった。そこで宮本茂は、打ち上げる角度を1か所に固定化することを提案。開発現場は当初猛反対であったが、カービィの動きに制限をかけることで、プレイヤーが打つ力加減を考えるようになり、ゲームとしてのおもしろさが出たという。[6]

後にNINTENDO64カービィボウル64が開発されるが、開発中止となる。

Special Tee Shot(スペシャルティーショット) 編集

Special Tee Shot」は、カービィボウルの元となったゲーム。カービィボウルの発売から2年後、サテラビューで配信される。ゴロ・フライの打ち分けではなく上下で打ち上げる角度を変更、ゴロの時の左右スピンもルーレットで止める、ゴルフと同じような規定打数の概念、様々なやくものなど、カービィボウルとシステム上、異なる点は多々あるが、グラフィックや基本的な部分は通じている。[7]

制作スタッフ 編集

制作スタッフについては「カービィボウルのスタッフリスト」を参照。

海外での名称 編集

言語名前意味・由来
英語 Kirby's Dream Course
カービィズ ドリーム コース
カービィの夢の道
ドイツ語 Kirby's Dream Course
スペイン語 Kirby's Dream Course
フランス語 Kirby's Dream Course
韓国語 커비 볼

その他 編集

  • フジテレビの番組『ゲームセンターCX』#123 にてお笑いコンビ『よゐこ』の「有野晋哉(有野課長)」が本作をプレイした(2011年7月7日放送)。

画像 編集

取扱説明書 編集

脚注 編集

  1. ^ Wii U VCにて2013年5月8日から5月15日9時59分まで、Wii U VC『星のカービィ3』・『カービィのきらきらきっず(SFC)』・『カービィボウル』の3本のうち2本を購入すると、残り1本を無料でダウンロードできる「Wii U バーチャルコンソール スタートアップキャンペーン」が行われる。ちなみに公式サイトでなぜか『きらきらきっず』のロゴがGB版のものになっている。
  2. ^ 公式ガイドブックに名称の記述あり。
  3. ^ a b Nintendoモバイルより
  4. ^ 20周年メモリアルサウンドトラック」5
  5. ^ 補足:カービィボウルは、『スパークリングショット』という仮名称でSFCで作っていました。私が入った時には作っていて、その後『カービィ』、『夢の泉』と続いた後、『夢の泉』のコピー能力の要素を使って完成したものです。(桜井) - 桜井政博-twitter,2011年7月12日
  6. ^ 『ファミ通DVDビデオ ゼルダのビデオ~ゼルダのすべてを教えよう~』(2003年2月19日、株式会社エンターブレイン製作、株式会社ソニー・ミュージックディストリビューション発売)の宮本茂インタビュー 「ちゃぶ台をひっくり返す、宮本茂。」より。
  7. ^ 補足:『カービィのピンボール』や『カービィボウル』には「かつて原型がありました。カービィを入れると決まったのは、後のことだったりします。」(桜井) - スマブラ拳!! : アンケート集計拳!! Page 107

参考リンク 編集


ウィキアネットワーク

おまかせウィキア