FANDOM


カービィのすいこみ大作戦
KSD title
読み: カービィのすいこみだいさくせん
英名: Kirby's Blowout Blast
品番: CTR-JHUA
ジャンル: アクション
対応機種: 3DS
発売日: Flag japan 2017年7月4日
Flag usa 2017年7月6日
価格: 750円(税別)
開発元: HAL研究所
発売元: 任天堂
すって、ねらって、めざせハイスコア!

—公式サイトより

カービィのすいこみ大作戦』は、2017年7月4日発売のカービィシリーズの3DS用ゲームソフト。カービィシリーズ29作目。2017年4月13日のNintendo Directで初めて情報が公開された。

概要 編集

星のカービィ ロボボプラネット』のサブゲーム「カービィの3Dチャレンジ」をグレードアップした作品。原作は箱庭を動き回るアクションだったのに対し、本作では一本道のアクションを3Dにした、より自由度の高いアクションになっている。5のレベルがあり、合計25以上のステージが収録されている。各レベルの各ステージでゴールドトロフィー以上を出すと、そのレベルのEXステージが出現する。さらに、 全てのEXステージでゴールドトロフィー以上を出すと、シークレットステージが出現する。

登場キャラクター編集

プレイヤーキャラクター編集

敵キャラクター編集

ザコ敵編集

中ボス編集

ボス編集

EXステージとシークレットステージでは、リベンジが付いた強化版になる。

ステージ 編集

レベル1~5は『初代』の各ステージを模したものだが、初代とはレベル2レベル3の順番が逆。

隠しステッカー 編集

カービィの3Dチャレンジ」同様、Cスティックを使わないと発見できない隠しステッカーが存在する。

  • 1-3 - 『星のカービィ』カービィ
  • 1-3EX - 『ロボプラ』らくがき/カービィ
  • 2-3 - 『夢デラ』カービィ(水中)
  • 2-3EX - 『USDX』船員ワドルディ
  • 3-4 - 『USDX』ロロロ
  • 3-4EX - 『USDX』ラララ
  • 4-4 - 『星のカービィ』クラッコ
  • 4-4EX - 『ロボプラ』アメコミ風/クラッコ
  • 5-4 - 『星のカービィ』デデデ大王
  • 5-4EX - 『ロボプラ』らくがき/デデデ大王
  • S-4 - 犬たまご

音楽の流れる像編集

条件を満たすと、エントランスに音楽の流れる像が設置される。

条件編集

音楽 編集

Stub sec このセクションは書きかけです。加筆してくださる執筆者を求めています。

全体的に初代に原曲を持つ曲が多い。

曲名
(あるもののみ)
使用箇所 作曲担当 備考
3Dアドベンチャー! カービィのすいこみ大作戦[1] タイトル画面 夢の泉「タイトル画面/デモ」のアレンジ
休憩所 (仮) エントランス 安藤浩和 初代「デデデ城」のアレンジ
カービィ amiibo (仮) カービィのamiibo使用時のエントランス 安藤浩和 Wii「ぼうけんのはじまり」のアレンジ
デデデ大王 amiibo (仮) デデデ大王のamiibo使用時のエントランス 安藤浩和 デデデンZ「シークレットエリア:HAL部屋」のアレンジ
メタナイト amiibo (仮) メタナイトのamiibo使用時のエントランス SDX「戦艦ハルバード:甲板」のアレンジ
ワドルディ amiibo (仮) ワドルディのamiibo使用時のエントランス 安藤浩和 デデデンZ「浮遊大陸の花畑」のアレンジ
空色フライト3DS本体に『星のカービィ ロボボプラネット』のすれ違い通信のデータがある 安藤浩和 ロボプラより流用
回る光はプラネット かこのゲーム『星のカービィ ロボボプラネット』 安藤浩和 ロボプラ回る光はプラネット
空と太陽とワールドツリーかこのゲーム『星のカービィ トリプルデラックス』安藤浩和TDX空と太陽とワールドツリー
カービィファイターズZかこのゲーム『カービィファイターズZ』安藤浩和KFZカービィファイターズZ
シークレットエリア:HAL部屋(デデデ大王のデデデでデンZ)かこのゲーム『デデデ大王のデデデでデンZ』安藤浩和デデデンZ「シークレットエリア:HAL部屋(デデデ大王のデデデでデンZ)」
データ削除安藤浩和KFZデデデンZ (データ削除画面)
(64 「キャッ!?」アレンジ)
グリーングリーンズ レベル1/1EX 石川淳 Wiiより流用
フロートアイランズ (仮) レベル2/2EX 初代「FLOAT ISLANDS」のアレンジ
ロボプラのアレンジに近い
キャッスルロロロ (仮) レベル3/3EX 初代「CASTLE LOLOLO」のアレンジ
バブリークラウズ (仮) レベル4/4EX 初代「BUBBLY CLOUDS」のアレンジ
ロボプラのアレンジに近い
マウントデデデ (仮) レベル5/5EX ロボプラ「まさかのコア・カブーラー」アレンジ
(初代 「やきいもシューティング」のアレンジ曲)
ステージクリア 石川淳 Wii「(サブゲームファンファーレ/ショート)」(原曲)
サブゲームファンファーレ/ロング  ボスステージクリア 石川淳 Wii「サブゲームファンファーレ/ロング」(原曲)
レベル開放 (仮) 各レベル開放 安藤浩和 Wii 49 (流用)
レベル未開放 (仮) レベル未開放 安藤浩和 TDX 65 (原曲)
中ボス戦 (仮) 各ステージルームガーダー 夢の泉「卵のボーナス面」のアレンジ
ボス戦 (仮) 各レベルのボス戦、5-5/5-5EXデデデ大王戦前 安藤浩和 初代「ボスのテーマ」のアレンジ
VS.デデデ (仮) デデデ大王戦 初代「Mt.DEDEDE」のアレンジ
SDX以降の後半フレーズなし
VS.ジャイアントデデデ (仮) ジャイアントデデデ戦 安藤浩和 カビハンZ「ランディアEX、キングD・マインド前半戦」流用
(USDX「巨大ボスとの戦い」アレンジ)
エンディング (仮) おもてクレジット石川淳初代「エンディング」の流用
レベル シークレット (仮) シークレットステージ 安藤浩和 初代「エンディング」のアレンジ
VS.デデデ大王 リベンジ (仮) シークレットでのデデデ大王 リベンジ戦 SDX「デデデ大王のテーマ」のアレンジ(音の高さがGB風)
VS.ジャイアントマスクド・デデデ (仮) ジャイアントマスクド・デデデ戦 カビハンZ「ランディアEX、キングD・マインド前半戦」USDX「マスクド・デデデのテーマ」のミックスアレンジ
クレジット:うら (仮) うらクレジット 初代「エンディング」のアレンジ
ミス 体力が0になった時 石川淳 Wii等より流用
ゲームオーバー (仮) ゲームオーバー時 石川淳 初代「ゲームオーバー」のアレンジ
バナー (仮) 3DSHOME画面ゲーム選択時 夢の泉「タイトル画面/デモ」のアレンジ

制作スタッフ 編集

制作スタッフについては「カービィのすいこみ大作戦/スタッフリスト」を参照。

余談編集

  • 大きい敵や沢山の敵を吸い込むとまんぷくカービィになり、より広い範囲のスコアコインを取れるようになり、星ブロックを触れるだけで破壊できるようになる。また吐き出す「かんつう星型弾」が虹色に輝くようになっている。
  • EXモードでは敵配置が変化するほか、色が変化したり、大きくなっている敵が出現する。
  • シークレットステージの2~4ステージ目のボスを倒した時に、出現するスコアコインはH→A→Lの形になっている。
  • デデデ大王がきらきらぼしの力で巨大化するのは、『初代』のエンディングでカービィが巨大化することにちなんだもの。
  • ジャイアントデデデ リベンジ撃破後のデデデの表情は『初代』エンディング後のエクストラのコマンドを教えてもらえる画面でのデデデの表情を、ジャイアントマスクド・デデデ撃破後のデデデの表情は『初代』エクストラモードエンディング後のコンフィグモードのコマンドを教えてもらえる画面でのデデデの表情を、それぞれ意識している。
  • コンボの仕様が変更され、一回の吸い込みから吐き出しまでの流れで、倒した敵の数で記録されるようになった。また星型弾空気弾で敵を同時に2体以上倒せば2ヒット以上扱いになる。
  • 公式サイトに「拡張スライドパッドがあるとより楽しめる」との記述があるが、実際には対応しておらず、公式サイトが誤った記載をしている。ただし、カービィの3Dチャレンジ同様、New3DSのCスティックには対応しており、隠しステッカーを見つけるには必須。また、Cスティックを利用することでスコアを伸ばすテクニックもある。
  • 星のカービィ スーパーデラックス』で、デデデ大王のテーマにサビが追加されて以来、本作よりも以前に、サビなしのデデデ大王のテーマが使用されたのは『コロコロカービィ』のみである。
  • Korby of moon

    『月のコービィ ドタバタ大作戦』

    2017年12月24日、アニメ『干物妹!うまるちゃんR』第12話(最終回)「みんなとうまる」にて、タイヘイ(右の男性キャラ)が持つ雑誌に裏表紙に本作のパロディと思われる『月のコービィ ドタバタ大作戦』という作品が掲載されているという場面があった[2]。表紙に「あばれて あばれて ハイスコア!」と書かれており、本作のキャッチコピーに酷似している。コービィは足も含めて全身が黄色く、手が細く、足に2本指が生えているような見た目になっており、口の中には歯が生えている。紫色のワドルディもしくはワドルドゥのようなキャラクターも見られる。また、販売元の表記が「Nintendo」のパロディと思われる「nitenno」となっている(「似てんの」が由来?)。なおこのシーンの原作漫画における該当シーンは『干物妹! うまるちゃん』8巻第136話「うまるとプレゼント」の冒頭であるが、こちらでは雑誌ではなくチラシであり、コービィも描かれていない。

脚注 編集

  1. ^ 『すいこみ大作戦』の3DSテーマより
  2. ^ 余談だが、このゲーム雑誌自体の名前は『Gジャンプー』であり、集英社のゲーム・カード・ホビー月刊情報誌『Vジャンプ』のパロディであると思われる。また、表表紙に『ドラゴンクエスト』のパロディ『リュウクエスト』、雑誌内のページには『モンスターハンターXX』のパロディ『ハムスターハンターXXX』が紹介されている。そのうえ、この場面における部屋のポスターに『STREET FIGHTER V』のパロディ『SPACE STREAM FIGHTER V』が描かれており、パロディずくめであった。

動画編集

参考リンク編集

Sleep この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください! 画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。