FANDOM


オタキング
読み: おたきんぐ
初登場: 星のカービィ (アニメ) 第89話
分類: キャラクター
声優: 私市淳(ボニー)

オタキングとはアニメ『星のカービィ』に登場するキャラクター。

概要 編集

第89話『オタアニメ! 星のフームたん』に登場したアニメオタクの3人組。小太りで四角い眼鏡をかけているのがピギー。細身で長髪にバンダナをしているのがボニー。他の2人より背が低く、髪の毛が黄色くて丸い眼鏡をかけているのがスリーピー[1]。ぼそぼそした声で話し、「僕的には~」「~と思われ」等の、独特な口調を用いる。アニメ製作に関してプロ級の腕を持つが、「ジャリ系」や「オヤジ」[2]には興味がなく、「セクシー系」にしか興味がない。

第89話における経緯 編集

デデデが自分が主役のアニメを製作するためにホーリーナイトメア社から取り寄せた。しかし、前述の興味の対象の通り、デデデには全く興味を示さず、デデデらが参考に見せた第49話で製作した『星のデデデ』に登場したフームに興味を持つ。そして、彼女をストーキングしたり、盗撮・盗聴したりすることで取材した。ところが、フームら村の女性3人(メーベルメームサト)の反感を買い一度は捕まってしまう。なんとか抜け出すも、今度はデデデに地下牢で強制労働をさせられ、監禁される。しかし、オタキングはフームのアニメばかり製作しているのが分かり、デデデは別の人材を注文する。その間も、黙々と作業を続けた[3]結果、製作したアニメは放送時間に間に合った。だが、そのアニメはフームがありえない姿(8頭身)にデフォルメされたイメージビデオのようなもの[4]であり、デデデとエスカルゴンの開いた口が塞がらなく、フーム本人がキレるほどであった。その後の消息は不明。

脚注 編集

  1. ^ 3人とも当時はまだ珍しかった、いわゆるアキバ系の服装をしている。
  2. ^ デデデのこと。
  3. ^ ここの描写は実際にはない。
  4. ^ オタキング達はこのアニメを『星のフームたん』と呼んでいた。

関連記事 編集


Sleep この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください! 画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。