FANDOM


れんぞくジャンプは、プラズマウィスプバードンカプセルJカプセルJ2以外のヘルパーが使えるアクションの一つ。

概要 編集

カービィの場合は空中でジャンプのボタンを押すとホバリング状態になるが、 ヘルパーは空中で連続してジャンプができ、これをれんぞくジャンプという。ただし、地上でのジャンプほど高くはジャンプしない。 また、連続5回まではそこそこのジャンプ力はあるが、連続6回目からはほとんどジャンプ力がなくなり、連打しないと上に上がれない。 そのため、ヘルパーの空中での移動はぶらさがりを使ったほうが楽。 また、バードンは通常はれんぞくジャンプを使わず「はばたき」を行うが、「ばくげきずつき」や「コンドルダイブ」を空中でキャンセルするときのみ、れんぞくジャンプを1回だけ使う。

星のカービィ Wii』でワドルディをプレイヤーキャラクターとした際に、ホバリングの代わりにれんぞくジャンプに似たアクションを行うが、こちらは特に名称は付いていない。連続して跳んでもジャンプ力は低下しない。『カービィ バトルデラックス!』でもワドルディやアックスナイトが似たアクションを行うが、こちらも名称は無く、ジャンプ力の低下もない。『星のカービィ スターアライズ』ではフレンズヘルパーの一部が似たアクションを使う。こちらも、名称は無く、ジャンプ力の低下もない。

関連記事 編集